2024年6月18日 (火)

サッコ・ピエモンテ・ドルチェット(2021)

いただきものの赤ワイン。イタリア産です。



ピエモンテはイタリア北西部の地名だそうで。「山の麓」という意味だそう。・・・(インターネット調べ)
フランス、スイスに国境を接する。
ドルチェットは、ぶどう品種。



アルコール度数12.5%



深みのあるワインレッド。
フルーティーで落ち着く香り。



お味は、果実感たっぷりで、渋みとタンニン感(ぶどうの皮の旨みと言うか渋みと言うか、ザラザラ感と言うか)もかなり感じる。
飲み口としては、ミディアムボディ。
ポテサラなんかとはなかなか合います。
全体のバランスがとても良くてかなりの美味しさです、飲み過ぎ注意的な(^q^

| | コメント (0)

2024年6月16日 (日)

嘉楽・純米吟醸

いただきものの酒です。


実は2本セットでいただいた内の1本。
嘉楽・純米吟醸。(右側の瓶)


嘉楽(からく)、今まで見たことも聞いたことも無かった銘柄。・・・日本酒は奥が深いですなあ。



蔵元は新潟市北区嘉山の(株)DHC酒造。
公式サイトを覗くと、創業は明治41年で、平成26年にDHC(サプリメント等の)の資本が入っているっぽい。
蔵は豊栄(とよさか)地区にあるのだと。


精米歩合50%、アルコール分16度。
大吟醸並みの精米歩合度合いです。



ほぼ無色透明。
なかなかのフルーティーな香り。



お味は、香りフルーティーでありながら、しっかりとした旨味。舌の細胞にプチプチと訴えかけて来る様な、そんな刺激的でしっかりとした美味しさ。
そして、滑らかに滑って行く様な感覚も。
フルーティーなので、白ワイングラスでも試してみると、甘みが強調された味になり、これも美味しい。
新潟の酒はどれも美味しいが、その中でも上位を行く美味しさです(^Q^)

| | コメント (0)

2024年6月 9日 (日)

飛騨自慢鬼ころし・純米大吟醸原酒

JFLAホールディングスからのいただきもの。

飛騨自慢鬼ころしの怒髪衝天は過去に飲んでるが、純米大吟醸は初めて。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2021/12/post-607ce7.html

純米大吟醸ゆえ豪華な化粧箱付き。



こちらのラベルにも鍾馗様が描かれている。


モンドセレクション金賞受賞のお墨付き。(3年連続)



精米歩合50%、アルコール分16-17度。
蔵元は岐阜県高山市の老田酒造店。

公式サイトによると、「ひだほまれ」という酒米使用で、
すっきりとした、フル-ティな香りの辛口純米大吟醸と。
そして、価格も出ていて、4,235円(税込)と結構する。(2024.6.9現在)



結構色が付いてて、メロンの様なフルーティーな香り。



お味は、スッキリとした飲み口で、ライチの様な淡い甘い雰囲気のフルーティー香。
香りが良くて、飲んでて気分が落ち着く、そんな味わい。
正に、飛騨自慢の真髄を感じさせる美味しさです(^Q^)

| | コメント (0)

2024年6月 4日 (火)

シャトー・オー・ドオリオル(2020)

いただきものの赤ワイン。フランス・ボルドー産です。



幾つかの賞を取られているそうで、
・ウィメンズインターナショナルトロフィー金賞2021
・チャイナアワード金賞2022
・ウィメンズワイン&スピリッツアワード金賞2022
これは期待が持てそう。


アルコール度数14%
ぶどう品種はメルローで、フルボディだそう。



濃いめのしっかりとした色合い。
何とも心地よい華やいだ香りがします。(爽やかフレグランスといった感じ)



お味は、しっかりとした飲み口で、果実感とタンニン感が心地よい。

メルローということで、特徴である土っぽさも感じ、それに合うというハンバーグときんぴらごぼうを。(先日のワイン一年生の動画で勉強した)



やっぱ良く合うねぇ、見事に。

金賞受賞ワインということもあり、安定味のある美味しさです(^q^

| | コメント (0)

2024年6月 2日 (日)

天賦・純米吟醸

いただきものの酒です。



天賦(TENBU)、初めてお目に掛かる銘柄です。



蔵元は鹿児島県日置市の西酒造。
恐らく鹿児島の日本酒を飲むのは初めて。
公式サイトを覗くと有名な焼酎の宝山を作っている蔵だった(富乃宝山など)
日置市が何処にあるのかググったら薩摩半島側(地図で言う左側)、島津氏に関係が深い土地の様で、鹿児島市にも近い。



精米歩合50%、アルコール分15度。
公式サイトによると、「甘み、辛み、酸味、苦み、渋み」のそれぞれが一体となった柔らかな味わいの食中酒と。



そこそこ色が付いている。



お味は、フルーティーな香りで甘みがあって適度な酸味。
ピリッと来る発泡性に似た心地よい刺激と、その後に、まろやかで柔らかな余韻。
「ぜひワイングラスで飲んでいただきたい」とのことなので、白ワイングラスで試すと、より香りが広がってGOOD。(縦長の盃では味が濃く感じる位)

流石、富乃宝山の蔵と思わせる、日本酒もかなりの美味しさです(^Q^)

| | コメント (0)

«木戸泉・アフスオリジナル