2019年8月18日 (日)

髙砂・特別純米辛口

JFLAホールディングス(旧:アスラポート・ダイニング)からのいただきもの。
2本セットの内の1本。



髙砂・特別純米・辛口
肩ラベルで+10が強調されている。


霊峰富士山伏流水仕込。


蔵元は、富士宮市の富士高砂酒造。
精米歩合60%
アルコール分15度
使用酵母:静岡酵母
日本酒度+10(かなりの辛口)
杜氏の名前まで書いてある。



少し色が付いている。



お味は、しっかりとした旨口で、膨らみ感や柔らかみが感じられる。
旨味が強調されている分、+10程の辛さは感じないが、しっかりとしたキレ。
これは、杜氏の実力を大いに感じさせる美味しさです(^q^)

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

霞の里・純米酒

めぶきフィナンシャルグループからのいただきもの。2本セットの内の1本。左の方。


今回もカタログから選ぶ方式で、去年は、栃木県真岡市の酒をいただいた。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2018/08/post-ab8e.html
白菊純米セット、限定200セットやったんやね、第三希望まで記入して第一希望が届いた。
因みにカタログには日本酒だけでも3頁、17種類もある。



霞の里・純米酒。
あまり聞いたことのない銘柄ゆえ、楽しみである。



蔵元は、茨城県石岡市の廣瀬商店。
精米歩合は60%



かなり色が付いている。



お味は、滑らかさがあって、心地よい酸味にしっかりとしたキレ。
〆に鼻から抜けていく香りが素朴感があり心地よい。
あまりお目にかかれない純朴タイプですが、それ故に美味しいです(^^

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

クレインバヘル・ユーファルク(2016)

いただきものの白ワイン。


ハンガリー産だそう。
裏ラベルは、ハンガリー語かな。読めませんが。
アルコール分13%



サイドにちょこっと日本語のラベルがありました。
味などの特徴は書かれていない。



やや黄色が強めの色か。
日本では珍しいと思われるハンガリー産ですが、スクリューキャップでした。(ハンガリーでも庶民派のワインなのかも)
心地よいマスカットの香り。



お味は、やや辛口でありながらもフルーティーさと心地よい酸味。〆にキュッと締まる酸味がホント心地よい。
・・・これをテイスティングでハンガリー産と言い当てられる人は一般人(アマチュア)には居ない筈
兎に角、美味しいことだけは確かです(^^

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

綾菊・大吟醸重陽

百十四銀行からのいただきもの。



百十四銀行は高松市に本店のある銀行。



カタログの中からお好きな商品を一つ選ぶ形式。もちろん酒以外もあり、主に瀬戸内の特産品です。


折角なのでラベルのアップを。



大吟醸酒・重陽。
蔵元は、香川県綾歌郡綾川町の綾菊酒造。
酒米は香川県産オオセト。
精米歩合50%
アルコール分15度
清流綾川の伏流水で醸し、華やかな香りとまろやかなふくらみのある味わい。



やや色が付いているか。心地よい朗らかな香りがします。


お味は、しっとりとして、ほんわかととろけるような味わい。
素直で上品、且つ、膨らみを感じる柔らかさ。
香川の酒は、膨らみや奥行きがあって以外と美味しく(川鶴、金陵、凱陣など)、この綾菊も好みの味です。(^q^)

PS.夏の花火の時期ですが、先日の新横浜花火の写真を一つ。2019.7.25(木)
去年が第一回で、今年が第二回。来年以降もあるんやろね。
去年の記事はUPしてなかったか、探したけど無かった。



今年もええもん見さしてもろたわ(^^

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

パラシオ・デ・ダマス・メルロー(2011)

いただきものの赤ワイン。スペイン産です。


アルコール分13%
飲み頃温度:16~18℃
かなり長い商品説明だが、フルーティーで構成のしっかりとした上品な口当たりと。


ほぼオーソドックスなワインレッド。
実は、2011年物のせいかコルクがかなり古くなっていて開けるのに難儀した。
粉々になり、初め崩して最後には押し込んで、茶こしとキッチンペーパーで濾過。
少しずつグラスに注いで飲みながら、少しずつ濾過継続中です(^^;;


お味は、さっぱりとしたフルーティーさで上品な口当たり。
酸味も素晴らしいものがある。・・・濾過のせいでデキャンティング出来たか?
難儀した分、更に美味しく感じます(^^


私事ですが、先日、高畑勲展に行ってきた。(2019.7.19金)
場所は、東京国立近代美術館。竹橋という所にある。



副題に「日本のアニメーションに遺したもの」
行って気付いたが、2018年4月に亡くなっておられた。



平日ということもあり比較的ストレス無く見学出来たが、入場者の1/3位は外国の人やった。中には着物着た女性も。(メガネかけてはったわ)
殆どの展示が撮影不可だが、一部撮影可も。



子供のころに見たアルプスの少女ハイジ、母を訪ねて三千里、じゃりン子チエ、なども企画・制作指揮されていたと。・・・(長きに渡り活躍されて来られたんやね)
企画・製作に当たっての下書きや人物関連図、スケジュール表なども展示され、アニメ制作って実写に比べて格段に手間のかかる作業なんやなと実感。
実写では偶然映り込んだ物(鳥や蝶、風の動きとかかな)も、アニメ映像では有り得ない事と。必ず意図して画面に表される。膨大な数のセル画に表すんやから、そら大変な作業やろなと想像。

結構、内容が濃く3時間半位みっちり見学(12:30~16:00前位)
2019.10.6(日)まで。まだ期間があるので興味のある人は行かれてはどうでしょうか。

| | コメント (0)

«越後五十嵐川・特別純米酒