2022年5月16日 (月)

千歳鶴・純米「吟風」(2022年頒布会)

札幌の酒、千歳鶴。
2022年頒布会4月分の2本目。
1本目の記事はこちら→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/04/post-02e2ab.html

純米【吟風】



新十津川町産「吟風」100%使用。
精米歩合65%
米本来の豊かな風味が存分に楽しめる1本。
熱燗から冷酒まで幅広い温度帯で楽しめると。



無色透明。



お味は、しっかりと芯の入った力強い米の旨み。
吟風の特徴か、磨きのかかった様な上品な香りも。
言葉での表現が難しいですが、とにかく美味しいです(^q^

| | コメント (0)

2022年5月 9日 (月)

千代菊・光琳・有機米使用純米酒

岐阜羽島の酒、千代菊。
JFLAホールディングスからのいただきもの。
先日は、純米旨辛口を飲んだ。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/04/post-22cfc1.html
今回は、光琳・有機米使用純米酒で過去記事も参考に→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2019/09/post-b404da.html



精米歩合65%、アルコール分15度。



有機米使用純米酒。



ほぼ無色透明に近い。



お味は、有機米を思わせるナチュラルで素直な旨みがしっとりと口の中に響く。・・・いつまでも飲んでいたいそんな気持ちに。
辛さが控え目な所も好み。
これ(光琳)は、何度飲んでも美味しいです(^q^

| | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

千歳鶴・特別純米「吟風」(2022年頒布会)

札幌の酒、千歳鶴。
今年2022年頒布会4月分の1本目。特別純米「吟風」
因みに去年の4月分1本目も特別純米・吟風だった。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2021/05/post-de0b6f.html


今年の頒布会の内容は、
4月:純米・吟風
5月:純米吟醸・きたしずく
6月:純米大吟醸・山田錦

6本で12,000円、送料込・税込で去年と同じ価格である。



女性杜氏のセンスの良さなのか、毎年おしゃれなラベルデザインであり、年々、芸術性が増している気がする。



精米歩合60%、アルコール分15度~16度。
新十津川町産「吟風」100%
柔らかで優しい香りと吟風ならではの米の旨味が膨らむ豊かな味わいが特徴。



ほぼ無色透明。



お味は、初めしっとり深みのある味わいに思えて、その後、スッキリと透明感、その後に米の旨みが来る。
バランスの取れた飲みやすさで飲み過ぎ注意な美味しさです(^q^

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

千代菊・純米旨辛口

岐阜羽島の酒、千代菊。
JFLAホールディングスからのいただきもの。
先日は鵜飼舟・吟醸酒を飲んだ→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/04/post-c0423d.html

今回は、純米旨辛口。
実は飲むのは2回目で、過去記事も参考に→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2021/09/post-e2aec5.html



精米歩合65%、アルコール分15度。



ほぼ無色透明。



お味は、まろやかで口当たりが良く、米の旨みを感じる。
冷よりも常温に近付く方がまろやかさが出ます。
何にでも合いそうな晩酌向けの万能酒といった趣。
1回目の時も感じましたが、千代菊を代表する美味しさかと(^^

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

きく芋酒・焼酎仕込み

ワタミからのいただきもの。
随分前にいただいたもので、以前にはきく芋酒の日本酒仕込みを飲んだ。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2021/11/post-219fe2.html

麦焼酎に有機きく芋を漬け込み、きく芋の風味を引き出したと。



アルコール分20度とそこそこ高め。日本酒仕込みでは11度でした。



日本酒仕込みは薄めの色だったが、こちらはかなり濃いめの色ですわ。
リキュールのかぐわしい香りがします。



お味は、薬膳酒といった趣で、日本酒仕込みを濃くした様な味。
まあまあスッキリはしているが、大地の香りを感じる。
日本酒仕込み同様、こちらもチャレンジ精神を感じます(^^

| | コメント (0)

«千代菊・鵜飼舟・吟醸酒