2019年6月11日 (火)

シャトー・アルモニ・サンテミリオン・グランクリュ(2013)

巴工業からのいただきもの。
前回は別の種類のサンテミリオンをいただいた。(サンテミリオンにも色んな種類があるんやね)
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2018/05/2015-93df.html



アルコール分12.5%
もちろんフランスのワイン(赤)


オーソドックスなワインレッドですかね、注ぐときは薄い色に感じたが。
ベリーのような華やいだ香りがします。



お味は、しっとりしてしっかり、渋み、酸味もバランス良く。
華やいだ香りと共にそれらが調和良く感じられる。まるで、お花畑(ローズガーデンなど)にいるようです。(^q^)

私事ですが、今日、6月11日(火)、かねてから気になっていた「大哺乳類展2」を見てきた。
何年か前にも見たが、まさか2が開催されるとは夢にも思わなかった。
予めヤフオクで券を入手(当日券1600円の所、1300円)して、上野の国立科学博物館へ。



多くは語りませんが、多数展示されていた剥製や骨格の標本は以前にも見ているお馴染みのものでした。



目新しい所として、移動方法(歩く、走る、泳ぐ、掘る)などを映像で理論的(骨や筋肉の動きなど)に解説。
自分自身の新たな発見として、
・奇蹄目より偶蹄目の方が種として発展している・・・偶蹄目の方が胃が発達していて、奇蹄目は腸による消化に頼っている。
・陰茎に骨を持つ哺乳類がおり、草食動物に多く、チャンスの際に素早く交尾出来ることにより種の保存に貢献している。
など。

夏にはお決まり?の恐竜展が開催されるようで、また行ってみます(^^

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

千歳鶴・純米大吟醸「きたしずく」(2019年頒布会)

札幌の酒、千歳鶴。
2019年頒布会5月分の2本目。
1本目の記事はこちら→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2019/05/post-c55ac9.html



酒米に新十津川産の「きたしずく」
精米歩合40%、日本酒度+2
完熟した野苺のような芳醇な吟醸香と、きたしずくが生み出す繊細な味わいが特徴と。



結構、色が付いている。
やや熟成感のある深みのある香りがします。



お味は、確かに野苺のようなやや野性味のある香りにしっかり&しっとりとした口当たり。
しっかりした作りでありながらキメ細かい滑らかさも。
体の疲れが癒される、ホッとするような安心感を得られる美味しさです(^q^)

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

千歳鶴・純米吟醸「きたしずく」(2019年頒布会)

札幌の酒、千歳鶴。
2019年頒布会5月分の1本目。・・・GW-10連休があったためか5月分は5月22日と届くのが遅かった。
(参考)前回の4月分2本目の記事はこちら→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2019/04/post-72f246.html



4月分は酒米が「吟風」に対して、5月分は「きたしずく」
精米歩合55%
肩ラベルにある通り、日本酒度:0、酸度:1.6


若干、色が付いている。
フルーティーでバニラにも似た心地よい香りがします。



お味は、しっとりすべすべ感があり、柔らかみのある味わい。
ほんわかした口当たりに、引き際に心地よい香り&ほのかな優しい酸。
非常に上品で洗練された味で、これはかなり好みです(^q^)

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

アサヒ・株主限定プレミアムビール2019

もう既に届いている人が多いと思います。
100株保有で350ml缶4本が送られて来る。
因みに昨年の記事→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2018/05/2018-d04e.html


アルコール分5.5%



今年の株主限定ビールのコンセプトは、徹底的に麦の旨味に拘り。
最高等級の粒の大きな大麦麦芽のみを使用し、ホップの苦みを抑えて麦の旨味を最大限に引き出したと。


黄金色のbeer



お味は、麦の旨味がしっかり。スッキリとしているのにコクがしっかり。
かなりコストと手間暇かけている感じがするが、是非、商品化して欲しいね(^^

私事ですが、本日、5月23日(木)、ドトール・日レスホールディングスという会社の株主総会に行ってきた。(会場は、渋谷のセルリアンタワー東急ホテル)
ドトールと日本レストランシステムという会社を傘下に持つホールディングス会社です。
ドトールはお馴染みと思うが、日本レストランシステムは洋麺屋五右衛門や星乃珈琲店などを展開している会社。
平日というのにざっと見た限り500人以上の出席者、但し、入り切らず第4会場まであるという総会内での説明があり、かなりの数の出席者だった模様。年齢層としてはシニア以外に現役世代も多かった。
社長は星野社長でかなりしっかりした人に見受けられ、10時開始でキッチリ11時に終了。全ての質問に社長が答えてはったわ。
質問と言っても短い時間で区切ったので全部で8問。業績好調なので、提案的な内容が多かった。
ドトールグループとしては、ちょっと高級志向で「ドトール珈琲農園」「神乃珈琲店」(かんのと読む)といった店舗も展開していくということで、これは是非行ってみたい。
他社になるけど、椿屋珈琲にタマに入るが、内装や女性店員の制服が大正チックで、非常に心が落ち着く。また、サイフォン珈琲も美味しい。・・・珈琲って単なる飲み物でなく、その場に居る空間含めて愉しむもんやと思うねんね。と、最近、思うようになった。


で、キニナルお土産は。
ドトールカフェオレ缶と500円引きサービス券2枚。
サービス券は洋麺屋五右衛門と星乃珈琲店で使用可。
2店ともまだ行ったことがないので、今度行ってみます。(^^

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

ルーデバーグ赤(2017)

いただきものの赤ワイン。



南アフリカ産。
アルコール分14%
ぶどう品種は書かれていない。



フルボディということで、しっかりとした濃い色。
プラムの様な濃い香りがします。



お味は、どっしりしっかり、深い味わい。それでいてフルーティーなプラム感。
裏ラベルの説明にもあった様に濃縮感のある果実味です。
冷やし過ぎるより常温の方がより深い味わいとなる。
ブレ無く、軸がしっかりとしていて美味しいです。(^^

私事ですが、今日、5月22日(水)、ミニストップの株主総会に行ってきた。
場所は海浜幕張にあるイオンタワー(別館)
出席者数は226名と総会中に発表され、出席者の年齢層はリタイヤ組だけでなく現役世代の出席も平日の割には多かった。特にスーツ姿。

コンビニ業界は競争が激しく、2期連続の赤字決算で、来期(2019年度、決算月は2月)は黒字化を計画と。
→施策として、おにぎり全品100円(税別)攻勢、200店舗の不採算店閉鎖、タピオカ商品を下期から投入、など。

質問数も計18点(一人当たり2点まで)にも及び、10時開会で12時閉会と2時間。
・9時過ぎに来てもロビーには役員が一人も顔を出さない、年に1回の貴重な意見を株主(ミニストップファン)から汲み取れる機会と思うが、なぜ活用しないのか?
・郊外店はトイレがキレイだが、首都圏ではミニストップに限らずどこのコンビでもトイレが汚い。主に食べ物を売ってるコンビニでコレでは買い物する気が起こらない。専門業者に委託するなどして改善出来ないか。といった女性目線でのごもっともなご意見も。


帰りに貰ったお土産は、ナント、薔薇の鉢植え。(持って帰り易いように専用袋入りでした)


育て方の説明書付きで、結構、手間のかかる事柄が書かれてある。
○月にはアレせえ、○月になったらコウせえ、とか。
肥料やりと剪定が重要な様で、肥料も時期によって液体だったり粒状だったり。
「追肥」「お礼肥」といった耳慣れない言葉も。


これも試練と思い、育ててみますかね(^^

| | コメント (0)

«備長扇屋(甲)