2024年5月26日 (日)

木戸泉・アフスオリジナル

いただきものの酒です。
木戸泉、初めて飲む銘柄です。
透明瓶で、酒自体は結構な色が付いている。


ラベルも独特な趣があります。



高温山廃一段仕込み(通常の日本酒は三段仕込みだそう)で作られ、米の甘みと乳酸発酵由来のキュートな酸味が特徴的と。
アフス(AFS)は、この酒の開発に携わった3名の頭文字から取ったそうで。

精米歩合65%、アルコール分15度。
蔵元は千葉県いすみ市・大原の木戸泉酒造。
2020年醸造のヴィンテージ酒。



かなり濃いめの色。
食前酒の様な濃い口の香りがします。



お味は、甘みがあって酸味もあって、濃いめの白ワインといった趣。
公式サイトによると、おちょこ等ではなくグラスで飲むのがおすすめとのことで、白ワイングラスで飲むと、濃いめな香りや味が分散されてちょうど良い具合に。
何も知らされていない人にこれを出すと「これは白ワイン」と感じると思う、そんな味わい。
キュートな酸味という説明があったが、確かにその通りで、口にする度にキューっと感じる味わいがある。〔一言で言うと「酸い(すい)」、クセになって次が欲しくなる心地よい酸っぱさ〕

合わせる料理も白ワイン向けのものが良いね。
これはこれで美味しくて、日本酒の違った視点からの楽しみ方と思います(^q^

| | コメント (0)

2024年5月19日 (日)

子乃日松・純米吟醸

JFLAホールディングスからのいただきもの。
実は、この酒をいただくのは4回目で、初回(2017.10.11)の時にブログに上げていた。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/10/post-08a5.html

今回も飲み応えのある一升瓶。
当時と箱のデザインが少し変わってますな。


ラベルや肩ラベルは変更無い様。


精米歩合58%、アルコール分15-16度。
蔵元は名古屋市中区の盛田(株)で、製造場は常滑市。
1665年創業の歴史ある蔵。
芳醇旨口の味わい。
飲み頃温度が、冷・常温・ぬる燗と幅広い。



若干、色が付いている。



お味は、芳醇でしっとりとして、山廃の様な味わい深さで、落ち着いた趣。(反面、軽快さやキレで勝負する酒ではない)
芳醇旨口は好みの味でもあり、何回飲んでも美味しいです(^q^

| | コメント (0)

2024年5月13日 (月)

百黙・純米大吟醸・無濾過原酒

久しぶりの投稿です。
3月23日からの風邪、3月末にインフルBにかかり、そのダメージがなかなか抜けずにいて、ようやく回復してきた。
具体的には喉の違和感(主に痰)で、酒飲まずに龍角散ばっかり飲んでた。(自宅では龍角散、出先では龍角散ダイレクト)
ようやく7~8割位は回復してきて、最近は龍角散飲むのを忘れる位。

前置きが長くなりましたが、
弟からのいただきものの酒。御年賀でいただいたもの。

「百黙」、聞いたことのない銘柄だが、ググると菊正宗の新ブランドで無濾過の酒は兵庫県限定発売とのこと。
料理の味を引き立てる辛口の菊正宗とは対照的に、百黙ブランドは料理と共に高め合う個性を持った酒を目指してスタートしたものと。


高級感のある和紙のラベル。



英語でも解説が書かれており海外にも売り出していく意気込みが分かる。



精米歩合39%、アルコール分16.5%
三木市の特A地区産の山田錦100%使用
蔵元は、神戸市東灘区の菊正宗酒造



無濾過ということで、僅かに澱が入った色合い。
かなりのフルーティー香がします。(淡い香りが面で広がる様な)



お味は、ふくよかで柔らかみと膨らみを感じるフルーティー感。
しっとりと舌に絡みつく様な味わい深さ。
純米大吟醸にしてはしっかりとコクを感じる濃い味わい。
灘の酒、菊正宗酒造の実力を十分に感じられる美味しさです(^Q^)

| | コメント (0)

2024年3月22日 (金)

オエノンHD株主総会&展示試飲会(2024.3.22)

2020年から毎年出席しているオエノンホールディングスの株主総会。
総会終了後に試飲会が以前は行われていた様だが、コロナ対策で2020年からは中止になっていた。(但し、お土産は出てました)
今年2024年、ようやく試飲会が復活とのことで記事にしてみた。

開催場所は例年通り、帝国ホテル・孔雀西の間。
過去4年と比べて、参加人数が明らかに多くて、会場一杯だった。



10時から総会で、会社の方はコロナで落ち込んでいた業績が2023年度(12月決算)には急回復ということで、今後の計画などについての質問が多数。
今年2024年10月に創業100周年ということで、若手社員が造ったという記念ビデオを鑑賞し、12時に散会。

隣の会場に移動して、展示試飲会。
立食形式です。
お酒のお供に、なだ万の前菜が1人1食、割り当てられた。
なかなかの心遣いです。



写真は展示品だが、試飲ではこんなにも商品があるのかと感心する位で、焼酎各種、ワイン(赤、白、スパークリング)、サワー、ハイボール、梅酒、GIN、日本酒などなど。



特にこの黒いパッケージの福徳長・純米吟醸酒が常温でまろやかな味わいで美味しかった。値段も手頃だし、今度、買ってみようかと。


とにかく、商品の数が多くて、どれも美味しくて、実は凄い会社なのだなと実感。
出資のし甲斐があるね。

因みに今年のお土産は電氣ブラン(360ml)でした。

| | コメント (0)

2024年3月17日 (日)

ピエール・ポネル・ボジョレー・ヴィラージュ(2021)

いただきものの赤ワイン。


フランス ブルゴーニュ地方のボジョレー地区産。ヴィラージュとは村という意味だそうで。



ぶどう品種はガメイ。ボジョレー・ヌーボーにも使われるぶどう品種だそうで。
ガメイ種の特徴がよくあらわれた、豊かな果実の芳香と軽やかでフルーティーな味わい、とのこと。
アルコール分12.5%



ガメイは皮が薄いブドウだそうで、明るいワインレッド。
爽やかなフルーティー香で、落ち着く香り。



お味は、軽快で飲みやすく、渋みは控え目でフルーティー。
コールスローサラダやロースハム(どちらもファミマで入手)と合わせていますが、なかなかに相性良いです。
味わいとしては、ピノノワールに近いですかね。(カベルネソーヴィニヨン、ピノノワール、メルローの3品種の中では)
今日は春の陽気でしたが、それとピッタリな明るい雰囲気の味わいです(^^

| | コメント (0)

«信州舞姫・扇ラベル純米吟醸・しぼりたて