« サントリー・トリスハニー | トップページ | 清水寺見学(2013年9月) »

2013年9月19日 (木)

カステル・カベルネ・ソーヴィニヨン(2011)

フランスの赤ワイン。
Cimg9778_2
よく見るとラベルに製造年が記されてるんやね。
今まで気付いてはいたがあまり意識してなかった。
同じ銘柄でも製造年により味が微妙に変わったりする筈。日本酒もそうだが、その年の原料の出来具合や気候や天候に左右されることと思う。
・・・何年ものの何々と言い当てられるワインソムリエってスゴイなぁ。。


前置きが長くなりましたが、野川のオーケーストアで購入、629円。

フランスワインではありますが、スクリューキャップでした。



フランスのワインメーカー、カステル社がフランス南部のラングドック・ルーション地方で作ったワイン。
Cimg9780
















色合いは標準的かやや薄め。
Cimg9781
注ぐのは、グラスの1/3~1/4のこれ位にしたいね。何度も注ぐ手間が増えるが、ワインの香りがより楽しめるし見た目にもいい。

お味は、ミデイアムボディと言うことだがフル寄り。さほど奥行きが無いが、渋味と酸味はGOOD。
合わせる料理で味は違ってくると思うが、ペッパーの効いたパンチのある料理とは良く合う。(ちなみにペッパーサーモンカマ焼きと合わせ中)
このワイン単独ではパッとしないが、パンチの効いた料理とは凄く合うと思う。

ベストマッチする料理とワインの組み合わせが分かれば楽しいやろね。その料理を調達する方が難しいかもやが。
合わせる料理によってワインが映えるという奥深さを知った気がします(^^

|

« サントリー・トリスハニー | トップページ | 清水寺見学(2013年9月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カステル・カベルネ・ソーヴィニヨン(2011):

« サントリー・トリスハニー | トップページ | 清水寺見学(2013年9月) »