« キリン・秋味2013 | トップページ | 大信州・純米吟醸・ひやおろし »

2013年9月27日 (金)

琵琶湖疎水のインクライン(傾斜鉄道)

先日の京都観光の午後の部、その1。
2013年9月14日(土)、祇園で餃子(王将・祇園八坂店)を食べた後、午後の観光の目的地である南禅寺に向かう途中でたまたま見つけた。
ここではないです、この先。
Cimg9590
風情があるのでシャッターを切った次第。
この日は暑かったがこういう所に出ると涼しく感じる。







南禅寺にほど近い所に貯水池の様な場所があり、琵琶湖疎水という水路の一部であることが後で分かった。
Cimg9591









その貯水池の反対側に廃線の線路を発見!
Cimg9592









振り向くとこういう光景で、貯水池に流れる水は、右側にある水路を伝って流れてくる。
Cimg9593









実は真ん中の二本で線路が構成されているのではなく、幅が広い二本の線路が平行して走っていることが分かった。
Cimg9594









線路を登っていくと途中の線路上に台車の様な物が展示されており、台車の上には木船が載っている。

Cimg9596









初めは何かと?思ったが、説明板があり、これはインクラインという傾斜鉄道だそう。
Cimg9597
ケーブルカーの要領で、2台の台車がワイヤーで繋がれ、滑車を動かし、坂を昇り降りする。
この区間は傾斜が強過ぎて舟が直接疎水を昇り降りできないため、こうしたインクラインを設けて舟を昇り降りさせていたのだそうな。




琵琶湖疎水とは何ぞや?と言うことになるが、先程の貯水池のほとりに琵琶湖疎水記念館というのがあったので、入って見学したけど、その記事はまた別途。

|

« キリン・秋味2013 | トップページ | 大信州・純米吟醸・ひやおろし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖疎水のインクライン(傾斜鉄道):

« キリン・秋味2013 | トップページ | 大信州・純米吟醸・ひやおろし »