« 2014年1月-北海道旅行・知床らうす亭(すすきの) | トップページ | 2014年1月-北海道旅行・釧網本線で釧路→網走へ(前編・釧路湿原走行) »

2014年2月 6日 (木)

2014年1月-北海道旅行・札幌→釧路へバス移動

明けまして2014年1月1日(水)、北海道旅行6日目、後半戦突入。
この日は朝と言うか午前中から次の目的地釧路へ移動。
部屋に干した洗濯物を取り込んで、出立です。(笑)
Cimg0149
札幌の定宿であるこのホテルのテレビはずっとブラウン管だが、地デジ化はされており、リモコン1個で操作可能。






札幌駅に向かいますが途中にある赤れんが(北海道庁旧本庁舎)
Cimg0153
元旦のこの時期、前で写真撮ってるのは中国人観光客です。
日本人の観光客はまずおらんね。





札幌駅で駅弁を買い、札幌駅バスターミナルで釧路行きのバスに乗る。
結構グレードの高い近未来的な内装でしたわ。ちなみに阿寒バス。
元日なのに結構乗ってて8割位、2台出てたし。景気が上がって人の移動も増えたかな。
Cimg0156
要予約の都市間バス「スターライト釧路号」
札幌から釧路まで5610円。
回数券1枚物(4,900円程度)を手に入れようと30,31日にチケットショップ回ったけど、大手は休みで、開いてた小店は取り扱いがなかったりで入手出来ず、仕方なくコンビニ(ローソン)で正規料金で発券。
・・・結構、札幌の街を歩いた、南は南7条から北は北8条まで、東は東1丁目から西は西7丁目まで。

11:10発で釧路に着くのは、17:06。
出てしばらくしてお昼になったので、ここで駅弁。
Cimg0160
定番の「石狩鮭めし」が期間限定で、「石狩鮭めし今昔物語」なるものを発売中だったので、それを。
価格は1000円。





現代バージョン(左側)と、昔バージョンが同時に楽しめる。
Cimg0161
昔バージョンは出汁が効いててなかなか美味。
イクラを昔バージョンに乗せて食べたりとバリエーションが加えられる。





バスは、道央自動車道から道東自動車道に入り、昔(数年前)は占冠辺りまでで高速は終了だったが、池田町(十勝ワインのふるさと)まで延びていて、そこから一般道。
高速では十勝平原SAでトイレ休憩。やがて太平洋側に出て、海沿いを走る。
東に行くに連れ、雪は少なくなっていく。

バシュクル沼(馬主来沼)が見えてきた。釧路はもうすぐ。
Cimg0171
凍ってる様にも見える。

鉄道(根室本線)だと、この北側を走る。





Cimg0172











ほぼ定刻通りに釧路駅バスターミナルに到着。
Cimg0173
快適なバスの旅であった、阿寒バスはイイ。

移動距離は320km。






ホテルに着いて、温泉入ってから軽く飲みに。
Cimg0188
元日なのでチェーン居酒屋しかやってないが、今年も開いてた「炉ばたかじか」
釧路の地酒「福司」を堪能した。
詳細は過去記事を↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2012/01/201112--e5c5.html
福司2杯と宗八、生牡蠣、豚串などをいただき、会計は3,410円。

帰りに、ホテル近くのぬさまい河畔広場。
Cimg0189
直ぐそこが釧路川と幣舞橋。朝のNHKのお天気で良く映る橋。

ちなみに、ホテルは、ラビスタ釧路川。
ここはもう3回目になる。
温泉付き、無料夜鳴きそば付きのドーミーインシリーズのホテル。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2009/07/20095--93de.html
釧路の滞在時間は短く、明日は朝から次の目的地、網走に移動です。

|

« 2014年1月-北海道旅行・知床らうす亭(すすきの) | トップページ | 2014年1月-北海道旅行・釧網本線で釧路→網走へ(前編・釧路湿原走行) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年1月-北海道旅行・札幌→釧路へバス移動:

« 2014年1月-北海道旅行・知床らうす亭(すすきの) | トップページ | 2014年1月-北海道旅行・釧網本線で釧路→網走へ(前編・釧路湿原走行) »