« アズダ・シャルドネ | トップページ | 2014年7月-羽後旅行・初めての由利高原鉄道(前編) »

2014年8月14日 (木)

秋田晴・縁・特別純米酒

秋田晴・縁・特別純米酒。縁は「えにし」と読む。
Cimg0794
初めて飲む蔵元の酒、秋田酒造株式会社。
・・・関東では見かけんねぇ、秋田晴。
住所が秋田市新屋元町になっており、地図を見ると羽越本線で秋田駅の手前2駅「新屋」の近く、雄物川河口の畔。
・・・化粧箱の横の説明書きでは、秋田市新屋町は三百年前、秋田地酒の発祥地で伝統を誇る土地だとか。









ラベルのアップ。
Cimg0795
日本酒度-6とかなりの甘口。
アルコール分も16~17度とやや高め。
精米歩合はは55%です。(特別純米)












秋田市のアトリオン地下1階にある「あきた県産品プラザ」で購入。
Cimg0267
7月20日(日)に他の秋田県の地酒合わせて計4本買ったが、お中元時期ということで送料無料だった。但し、箱代200円が別途必要。

秋田晴・縁・特別純米酒の価格は、1,437円(四合瓶、税込)



盃に注ぐと、熟成しているのかかなり色が付いている。
Cimg0799
お味は、米だけを使った酒から来るクドくないナチュラルな甘み。やや荒削り感のザラ付き感があるが米の旨みが感じられてそれが却っていい。
・・・甘口好きにはタマランデス

うーん!秋田晴の実力を感じる。この銘柄は今後もチェックしていかねばφ(.. )
秋田でまた見つけたら買って来よう。

|

« アズダ・シャルドネ | トップページ | 2014年7月-羽後旅行・初めての由利高原鉄道(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田晴・縁・特別純米酒:

« アズダ・シャルドネ | トップページ | 2014年7月-羽後旅行・初めての由利高原鉄道(前編) »