« キリン・一番搾りシングルモルト | トップページ | オズウェル・カベルネソーヴィニヨン(2014) »

2016年5月12日 (木)

千歳鶴・吟醸の乱・吟醸吟風(2016年頒布会)

札幌の地酒、千歳鶴。
2016年の頒布会で送られてきた4月分2本の内の1本。

今年の頒布会のテーマは、『きたしずく』と『それ以外の各種酒米』との飲み比べ。
「○○の乱」と称して、吟醸(4月)、純米吟醸(5月)、大吟醸(6月)と飲み比べを楽しむという趣向。・・・(毎年、色々と考え付くねぇ。。)

因みに昨年は、「きたしずく」と「吟風」の飲み比べでした↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2015/04/post-8b75.html

4月は、吟醸の乱。先ずは、吟風の方をいただく。
ラベルが年々凝ったものになっていく。購買者が増えていっているものと想像出来る。


飲み比べしやすい様に酒質は揃えられており、
精米歩合55%
日本酒度+4
アルコール分15-16%



盃に注ぐと、若干、色が付いている。そして、かなりのフルーティー香。

お味は、濃密だが濃密過ぎず、芳醇だがスッキリと飲みやすい部分もあり。
味わい深く、しっとりとした旨みが口の中に広がり、甘みも感じられる。
・・・久しぶりに飲む千歳鶴美味しいわ♪

数日後に「きたしずく」を飲みますが、それも楽しみです(^^
乱世を制するのは、果たしてどちらでしょうか?

|

« キリン・一番搾りシングルモルト | トップページ | オズウェル・カベルネソーヴィニヨン(2014) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千歳鶴・吟醸の乱・吟醸吟風(2016年頒布会):

« キリン・一番搾りシングルモルト | トップページ | オズウェル・カベルネソーヴィニヨン(2014) »