« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月25日 (日)

ワタミ株主総会(第31回・2017年6月25日)

今年も行ってきたワタミの株主総会。場所は去年と同じTKPガーデンシティ品川。

(参考)去年の記事↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2016/06/302016626-3b96.html

開場は9:00で総会は10:00から。
開場に入ると、去年あったワタミファームのアイスクリームの試食が無くがっかりしたが、渡されたチラシのプログラムを見ると、ナント、弁当が支給されると。・・・予め聞かされていなかったためこれはちょっとしたサプライズ。・・・(アイスよりこちらの方が良い)

総会での説明は、3期ぶりに営業利益が出たということで、業績が回復しつつあるということ。特に新業態のミライザカや鳥メロといった店が改装前に比べて3割程度売上がUP。
しかし現時点での稼ぎ頭は宅食事業で、外食は今期に黒字営業を目指すと。
3期振りの営業利益回復のために、従業員にはかなり無理をさせていたようで、平均残業時間45時間や有給休暇消化率1割程度と。その辺りについて質問コーナーでも出てて今期5円/年の配当だが従業員に回してやって欲しいといった株主意見も。
10時から始まった総会も12時には無事終了。質問コーナーにたっぷりと時間を取る姿勢は美樹さんが社長の頃からの伝統やね。日曜に総会を開くという点も。
出席者数は昨年の約1.5倍の3600名だったそうで、この数字はワタミ復活を裏付けるものではないかな。

総会終了後、各席に弁当が配られた。
宅配弁当の他に、スーパーにも卸すようになったとのことで、その弁当。
塩分をかなり抑えているようで味付けはかなり薄味。健康のためにはこれが良いのだろう。素材の味は文句無しでした。


12:30からワタミの3つのCSR活動の紹介ということで、創業者の美樹さんが登場。今は国会議員をされているそうで。声の張りの良さは健在やね。
・環境保全
・夢をかなえる会
・カンボジアの学校建設
について各関係者から説明。
司会は中学3年の将来アナウンサーを目指すという美樹さんが理事長の郁文館なる学校に通う生徒。確かに声の張りが常人離れしてたね、声優みたいで。
事業紹介は予定の1時間で終了し、会場を後にした。

気になる今年のお土産は。
去年とほぼ同じ。1000円券とワタミファームのジュースと青汁+α

東京オリンピックも近付いてきて、おもてなしの精神(ありがとうを集めるというのを良く聞く)が息づくワタミにとって追い風ではないでしょうか。
来年の総会での更なる業績アップの報告が今から楽しみです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

グランドキリンJPL(ジャパン・ペールラガー)

グランドキリンの派生商品。JPL:ジャパン・ペールラガー

溝の口のオーケーストアで257円(330ml)
アルコール分6%


ベースはIPL(インディアペールエールラガー)で日本風にアレンジされたものの様。


色はオーソドックス。

お味は、苦みしっかりでスッキリとしたキレ。
IPLにしてはアッサリ寄りで日本風にアレンジされたのが分かります(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

サントリー・-196℃ストロングゼロ・ビターオレンジ9%

今日は夏至であり、昼間は嵐だった関東地方。

久しぶりに缶チューハイ。
ストロングゼロのビターオレンジ。
少し前にドライを飲んだ。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/05/-1969-0e13.html

溝の口のオーケーストアで103円(350ml)

オレンジ果皮を瞬間凍結後、粉砕して浸透させた製法。

オレンジ色かと思いきや無色透明。

お味は、甘くなくてドライでスッキリ。心地よいビターなオレンジ感と言いますか、オレンジの皮の味やね、やっぱり。こういうチューハイのエキスにするなら実より皮の方が良いのではなかろうか。
9%なのでこの記事書いている間に早くもガツンと来てますわ(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

東光・純米無濾過生原酒(2016年頒布会)

米沢の酒、東光。2017年1月頒布会の2本目。
1本目の記事はこちら↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/05/2016-4830.html

これで2016年度頒布会の酒は最後になる。
純米無濾過生原酒。

軽くてスッキリ&香り高いタイプ。
精米歩合60%
アルコール分17度

やや色が付いている。若々しい香りがします。

お味は、ほんのり甘み(甘口ではない)があって、スッキリとしたキレで、後口に酸味で〆
ガラスのように透き通った「吟」とした味わいで芳醇ではないが淡麗でもない。
一言、言わせてもらうと、後口のキュッと締まる感が溜まりませんなぁ~♪
2016年度の頒布会の酒、全体的に美味かった。東光らしく甘口辛口変幻自在でそれでいて軸はしっかり。2017年の頒布会も楽しみにしています(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

会津ほまれ・純米大吟醸・本生原酒

会津の酒、会津ほまれ。
いただきものです。
企業からでも家族からでもなく日本酒好きの会社の先輩より。・・・(ありがとうございます)
飲み会の席で「地元の酒でいいのがあるから今度持ってくるわ」と。

純米大吟醸・本生原酒ということで、精米歩合50%、アルコール分17度。
会津ほまれはコスパ高く首都圏でも見かけるので過去に幾つか飲んでいるが、ここまでグレードの高いのは初めて。
過去記事見ると直近で2014年10月に飲んでいた。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2014/10/post-c426.html

蔵元はほまれ酒造。喜多方にあるんやね。知ってる筈だったが忘れかけていた。

生原酒ということで若干澱が入ってる模様。厚みのあるフルーティー香がします。

お味は、やや甘口でやや特徴的な酸味が心地よい。澱の効果かふんわり柔らかみのある味わい。
一般的な大吟醸のよそよそしさはなく、どちらかというと馴染みやすい家庭的な雰囲気で、それが良い。
細口縦長の盃で飲むと傾ける効果が働くのか特徴的な香りが喉奥でしっかりと感じられてより美味しさが感じられます。
いゃ~、飲めば飲むほど美味いねぇ♪
これをキッカケに会津ほまれのファンになってしまいそうです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

ファンケル株主総会(2017.6.17)

今年も行ってきたファンケルの株主総会。
(参考)昨年の記事。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2016/06/2016625-c1ef.html

例年通り土曜開催の会場は横浜アリーナ。

開場は11:30で総会開始は13:00から。
総会の冒頭でお詫びがあり、特売コーナーが非常に混んでご迷惑をかけたと。来年はレジを増やすなどで混雑を解消すると。・・・例年のことで今年もそれなりに対応していたようだが、予測以上に売れてしまったように思う。
写真は懇親会会場の様子だが、新商品も幾つか目に付いた。糖値サポート、快腸サポート、パーフェクトスリムと言った機能性表示食品。

総会の始めに驚いたのは、社長が交代しとるではないか。
去年の総会で殆どの質問に的確に回答していた島田取締役が社長になり、総会の議事進行。
10年間、社長を務められた宮島さんは副会長に。
総会の中でも社長交代についていくつか質問があって、「創業者の池森会長から見た期待度は?」といった問いに対して、「今までの4人の社長の中では最も納得できる後継者」といった上々の評価。数字にも強く、厳しさもあると。それでいて部下からの慕われ度は大きいと。
島田社長自身の言葉は、
ファンケル入社以前も含めて今まで7人のトップの脇を固める仕事をしてきて、色々な無理難題を解決してきたことにより、トップが何を考えているのかが解るようになってきたと。

質問は計16項程あったが、業績が回復して好調なため批判めいた質問はなく、新役員への期待や新商品についてなど。
最後に池森さんからの熱いメッセージというか決意表明。・・・(毎年このメッセージに期待して総会参加する株主も多いのでは?)
65歳で経営から引退し、その後、会社が傾いて立て直しのため75歳で経営に復帰。今年2017年の6月1日で80歳になり、業績がほぼ回復に向かってきたが、もう少しとどまって、そう長くないうちに退くと。
昨年から打った広告宣伝費拡大の効果(今年はTVや新聞広告からネット広告にシフトすると)や技術力の商品への展開、具体的には無添加の化粧水の容量30ccを100cc以上にしていくと(無添加なので長期間保存が難しいらしい)

1時間45分で総会は終了。

帰りに渡された今年のお土産は。
1.洗顔パウダー50g
2.濃密もっちり泡立てネット
3.スマホえんきん(15日分)
4.マルチビタミン&ミネラルQ10(15日分)
5.発芽米めざめの朝がゆ

今年もなかなかの収穫。
スマホえんきんは新商品のようで、これは是非試してみよう。眼鏡不要とまではならないとは思うけど(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

オリオン・ちゅらたいむ

オリオンの「ちゅらたいむ」
前からあった商品かね?多分、初めて飲むけど。

溝の口のオーケーストアで103円。
アルコール分5%

第三のbeerにしては濃いめの色。


お味は、スッキリ辛口で喉ごしが良い。
暑い日にク~っと飲むのに向いてるね、ク~っと(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

千歳鶴・市澤智子セレクション其の一・特別純米(2017年頒布会)

札幌の酒、千歳鶴。今年の頒布会の一本目。

今年の頒布会のテーマは、新杜氏を迎え入れたということで、その新杜氏が厳選した六本。

4月~6月に各2本ずつ。計10800円(税込・送料込)・・・1本当たり1800円


其の一、特別純米の酒質は、精米歩合60%、北海道産「吟風」100%使用。

結構、くすんだ色が付いている。・・・期待が持てそうな色

お味は、しっとりとした濃密旨口で深い味わい。後口にキュッと締まる感が来て良いねぇ。
従来の千歳鶴・特別純米はスッキリ系&素直なマッタリ系の味だった記憶があるが、明らかに味わい深さが強調されて別物になっている。・・・いや、これも美味しいです。
新杜氏の智子(さとこ)さん、なかなかやりますね(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

サンダーロード・パシフィックエール

例の西友直輸入の外国ビール。
少し前にIPAを飲んだ。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/02/ipa-b74a.html

武蔵新城の西友で265円(330ml)
アルコール分4.4%
原産国はベルギー


シャンパンのような味わいと。


若干、濁りが入った色か。しっかりとした柑橘系の香り。

お味は、若干のフルーティーさはあるもののしっかりとした苦みの方が特徴。結構刺激的ではあるがライト(軽い)な飲み口。
このパシフィックエールを含めて、サンダーロードシリーズ、どれも刺激的な味で美味しいです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

東光・限定純米吟醸ひやおろし(2016)

米沢の酒、東光。
手持ちの「ひやおろし」はこれで最後です。もちろん去年のひやおろし。
2016年の頒布会申込みと一緒に購入、同梱。四合瓶で1350円。

2016年頒布会の中にも純米吟醸ひやおろしがあってそれと同じ物なのかも知れない。http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/01/2016-0c66.html

酒質は、精米歩合55%
日本酒度-3(甘口)

結構色が付いている。フルーティーな香りが広がります。

お味は、熟成感たっぷりの旨口。甘口であるがスッキリしたキレで素直に舌になじんで来て飲み飽きしない。旨みがふわっと広がる。
恐らく頒布会での純米吟醸ひやおろしと同じ物と思われるが、こちらの方が日にちが経っている分、安定味が増している気がします。(その代わり生詰による若々しさは奥深くへ)
いゃ~、冷蔵庫保存して梅雨入り前に飲む「ひやおろし」も美味しい(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

白濁(しろにごり)

以前にも飲んで紹介したかもやが、もしそうだとしても相当前。
スーパーなどで缶が逆さまになって売られているのを見かける人も多いかと。

溝の口のオーケーストアで215円(330ml)

反対側の缶デザイン。


特別な白生酵母を使用しフィルターをかけないで白濁を実現と。


逆さまで保管しても飲み口に汚れが付着しないようにビニールのキャップが付いている心憎い気遣い。


白ビールなのか結構薄めの色。目を凝らすと酵母の死骸のようなものが多数入っている。
そして、さっぱりとした柑橘系の香り。

お味は、酸味が心地よくほのかなフルーティーさも。
白濁でありながら上品で透明感のある味わい。
正に貴族のビールと言った美味しさです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

櫻正宗・さくらDUET・RED SWEET

昨日のWHITE DRYに引き続いて、今日はRED SWEET.

昨日の記事はこちら↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/05/duetwhite-dry-2.html


ロゼワインのような色やね。

アルコール分11-12度と低め。飲み頃温度も低め。

盃に注ぐとかなり濃い赤。

お味は、ほんのり甘口どころか、かなりの甘口。甘さを抑えた果実酒(梅や杏)若しくは、食前酒といった味わい。女性には受けそうやね。
昨日の記事に書いたようにブレンドしても楽しめるということで、少し残しておいたWHITEとブレンドしてみると、あっさり素直&ほんのり甘口で、これがなかなか美味しく、ブレンドによるマイナス点が全く無い。
ブレンドして楽しむのがベストな酒なのかも(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »