« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月29日 (日)

蜜王・種子島産安納芋使用

「出前館」なる企業からのいただきもの。
新型コロナ感染拡大防止の外出自粛で今、出前に追い風となってきており、是非、この機会に知名度を上げてもらいたい。(ウーバーイーツもあるけど、出前のプロをきちんと雇っているというのが出前館の売りだそうで。・・・出前館の女性社長曰く)

前置きが長くなりましたが。
種子島産安納芋使用ということで芋焼酎。豪華な化粧箱入り。


芋焼酎に拘りは左程無いが、いかがなお味でしょう。



アルコール分25度。
蔵元は鹿児島市の三和酒造。



まあ無色透明です。
かなりのお芋の匂いがします。



お味は、本場、鹿児島の味ではと思わせるしっかりとした強めの味。ピーンと来る飲み応え。
芋焼酎に拘りはなくとも、流石に美味しい(^^

PS.今日、関東では季節外れの雪。降っても積もることはないだろうと思ったら、結構積もった。
外出自粛で丁度良かったのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

千代菊・しろにごり

JFLAホールディングス(旧アスラポート・ダイニング)からのいただきもの。
久しぶりの濁り酒。



蔵元は岐阜県羽島市の千代菊。
アルコール分15度、醸造アルコール入り。



当然のことながら白く濁っている。
白いのでピントを合わせるのに苦労する。



お味は、甘くて飲みやすい。オーソドックスな濁り酒。糖分を感じます。(^^

PS.桃色桜のその後。
3連休にほぼ満開となり、家族でお花見の光景が見られた。新型コロナ感染防止のため各シートは料理控え目でした。大皿は無く個々人でつまんでる感じ。
3月21日(土)撮影。


今日3月24日はもう大分散っています。

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

獺祭・純米大吟醸・磨き三割九分

いただきものの酒です。
獺祭は全国区で有名と思いますが、私も店ではよく飲みます。チェーン居酒屋の「鳥メロ」や「ミライザカ」で獺祭・等外を。

今回は、純米大吟醸・磨き三割九分。等外よりもかなりグレードが上なのではと思われます。

豪華な化粧箱入り。



精米歩合39%
アルコール分は16度
蔵元は山口県岩国市の旭酒造。
改めてこのように獺祭のラベルをまじまじと見ることは自分としては無かった。・・・店での計り売りで飲むため



箱の中には酒造りに関しての詳細な説明書きが入っていた。



裏面には「社員だけの酒造り」を行っているとの説明。杜氏や蔵人でなく。
純米大吟醸の酒造については若手でも経験十分と。
・・・(結構美人も働いてるではないか)



本題に戻しまして。
ほんのりと色が付いている。かぐわしい控え目なフルーティー香。


お味は、スッと透き通る清流の様な清々しさ。
それでいてしっかりと舌に訴える主張性もあり、旨みが広がって行くのが分かる。・・・口の中に無限に。
これは、次元を越えた美味しさです(^Q^)


PS.今年も桃色桜が咲きました。2,3日前に咲いたので満開前で、来週末~再来週頭(3/20~24日)位までは楽しめると思います。

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

澤屋まつもと守破離

いただきものの酒です。



「守破離」というネーミングからもかなり独特な酒であることが想像出来る。
『米』にこだわったと。

蔵元は京都市伏見区の松本酒造。
アルコール分15%
酒米は山田錦

発酵した際の自然な炭酸ガスが少量含まれていると。



珍しく瓶詰年月と出荷年月を分けて表示されており、瓶詰め2017年1月と。・・・そういう趣の酒なのかも。
最近届いたが、出荷年月も2019年5月。


炭酸ガスの微細な泡が。
貯蔵酒の割には無色透明に近い。



お味は、かなり強調された酸味に発泡性(少しのシュワシュワ感)、それゆえ、爽やかさも感じられて、これはこれで美味しい。

PS.片口に移してから飲むと時間が経つに連れ折角の発泡が飛んでしまうので、その都度瓶から直接盃に注ぐ方が良いと思います。発泡が飛んでも美味しいですが(^^

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »