« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月30日 (月)

かんとうのはな・吟醸

めぶきフィナンシャルグループからのいただきもの。



今年もカタログから1つ選ぶ方式で、去年は日立市の酒「富士大観」をいただいていた。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2020/08/post-4c3bab.html

日本酒だけでも21種類(梅酒とのセット品も合わせると22種類)ある。
めぶきフィナンシャルグループ、常陽銀行と足利銀行が母体ゆえ、茨城県と栃木県の名産品を主流に、その周辺県の名産もカタログに含まれる。



蔵元は群馬県渋川市の聖酒造。
銘柄「かんとうのはな」の由来が書かれてある。
~前橋は古くは厩橋と呼ばれ、戦国時代は上杉・武田・北条の諸侯がしのぎを削る重要拠点であった。徳川家康は江戸北辺の守りの要として上野国を重要視し、関ヶ原の戦いの後、譜代の重臣であった酒井重忠に厩橋城を与えるに際し、「汝に関東の華をとらす」といったと伝えられている。~
・・・蔵元のホームページを覗くと、前橋にゆかりがあるようである。

精米歩合:麹米35%、掛米60%
アルコール度数15-16度



そこそこ色が付いている。



お味は、しっとりとして、深みと奥行きが感じられ、後口に何とも言えない心地よい酸味&シャープな甘み。
水の良さから来る透明感もあり。
上州の美味しい酒の典型または代表選手のような味です(^q^

| | コメント (0)

2021年8月26日 (木)

雪影・特別純米酒

先日飲んだ「村松・吟醸酒」とセットで第四北越フィナンシャルグループ からいただいた酒。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2021/08/post-cc4db2.html
雪影・特別純米酒。
蔵元は、村松と同じく、五泉市の金鵄盃酒造。
精米歩合58%、アルコール分14.5度。
品の高い和紙のラベル。



こちらも無色透明です。



お味は、雪のようなクリアな飲み口にしっとり&ふっくらとした米の旨み。
酸味のバランスも良く、安定感のある美味しさ。
第四北越フィナンシャルグループ、継続保有確定やね。合併前の北越銀行時代の買値よりだいぶ下がって売るに売れん状態ですけど(^^;

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

博多の華・檸檬サワーの素

オエノンホールディングスの株主総会でのいただきもの。
今年の3月に行われた株主総会で、コロナ下のこの時期、お土産を出すのは非常に珍しいが、社長がサービス精神旺盛、かつ、人と話すのが好きという性格から、特別に計らいがあったものと考える。(事前での「お土産あります」の情報は全くオープンにされてなかったが、逆に「お土産ありません」の情報も全くどこにも記載・掲載はなかった)

炭酸水で割るだけでレモンサワーが出来るもので、世の中にこんな便利なものがあったとは。
600ml入りで、アルコール分は25度。
1:3で割るらしい。



早速、炭酸水(ウィルキンソン)で割ってみた。
写真に写すほどでもないが。



ごく普通のオーソドックスな味で、普通に美味しい。手軽に酔えると言いますか。
割る比率を変えたり、炭酸水以外で割ったり、缶チューハイの足し材にしたりと、色々とアレンジも出来そうやね(^^

| | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

ドメーヌ・ボヤール・ブルーリッジ・シャルドネ(2018)

久しぶりの白ワイン。いただきものです。



Japan women's Wine Awards の肩書きが。何の賞ですかね。2020年に金賞を2つ。



実はブルガリアのワイン。日本ではあまりお目にかかれない。
【SOFT/やや辛口】の表記。
ピーチ、ナッツ、バニラの香りと調和のとれた上品な味わいをお楽しみいただけると。
アルコール分12.5%


色はごくオーソドックス。
心地よいマスカットの香りがします。



お味は、キリッと爽快な辛口にほんのりフルーティー。
マスカットの香りで涼しさを感じます。
この暑い時期に、キンキンに冷やした白ワインは最高やね(^^

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

槽の舞・純米吟醸

いただきものの酒です。
先日飲んだ「東の麓」とセットでいただいたもの→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2021/08/post-62d758.html

槽の舞・純米吟醸・・・「ふねのまい」と読む



山形県産の出羽燦々に、山形吟醸酵母、山形オリーゼ麹菌を使用とオール山形だそう。
精米歩合50%
アルコール分15度



ほんのりと色が付いている。
フルーティーな香りがします。



お味は、すっきりとした飲み口で入り、しっとりとした味わい深さ、そして、フルーティーさを感じる酸味で〆
おいしい山形を存分に感じさせてくれる、そんな逸品です(^Q^)

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

村松・吟醸酒

第四北越フィナンシャルグループからのいただきもの。
ちなみに、去年は、北雪・純米大吟醸・越淡麗をいただいていた。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2020/09/post-efb846.html

今年もカタログから越後の銘品を一つ選ぶ形式で、日本酒だけでも8点あった。



今年は、五泉市の酒2本セットをチョイス。
1本目の村松・吟醸酒を先ずは。
和紙で味のあるラベルである。



蔵元は、五泉市の金鵄盃酒造。(きんしはい、と読むのだそう)
精米歩合55%
アルコール分14-15度
蔵元ホームページによると村松とは城下町の名前だそう。
商品説明では、「程よい吟醸香、芳醇なコクとすっきりした辛口のキレが同居」と。



全くの無色透明である。越後の酒の特徴やね。



お味は、かなりの淡麗で、スッキリとした飲み口。
それでいて米の旨味もしっかりと感じられる。
非常にバランスの良い味で、ついつい知らぬ間に飲み進んでしまう。・・・越後の酒の特徴やね
水の良さ、米の良さが伝わってくる、そんな美味しさです(^^

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

The 3rdバーガー

元住吉ブレーメン通り商店街に新しく出来た「The 3rd Burger」に行ってきた。
ここは元々、サンマルクカフェがあった所で、この狭い階段を覚えている人もいるのでは。



1階は席数が少ないこともあり、ほぼ埋まっていたが、2階は、オープン間もなく(2021.8.8オープン)、まだ知名度がそこそこのためか、結構空いていた。



なので、客が映り込むことなく、写真が撮れた。



サンマルク時代は、自由に動かせるテーブルと椅子で、自由度の高い店内だったが、今回はきっちりと固定されて、各自のスペースが決められている。
電源席も空間中央のカウンター席にあり。
1席毎のスペースは小さめで、カフェ勉などで長居は難しそうか。



期間限定のモッツァレラバジルバーガーをいただいた。セットではドリンクとポテト(Sサイズで料金UP無し)が付く。
バーガーは自然派のナチュラルテイスト(マクドの人工的な味とは対をなすもの)で、流石に美味しい。
女性をターゲットにしたものか、小食にはちょうどよいサイズ感。
ボリュームを足したい人は、ポテトのサイズUP(有料)で対応すれば良いかと。
ドリンクはバナナスムージー(セット料金に+250円)をいただいた。
久しぶりのバナナスムージーで果物感がたっぷり。
ポテトはしっとり系(カリカリ系で無く)で、芋の厚みも感じてGOOD。



全体的には味も店内雰囲気、店員の応対も良く、これからもご贔屓にさせていただきましょう(^^

| | コメント (0)

2021年8月10日 (火)

千歳鶴・純米・6号酵母仕込「きたしずく」(2021年頒布会)

札幌の酒、千歳鶴。
2021年頒布会6月分の2本目。ラスト。
1本目の記事はこちら→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2021/07/post-2d0387.html

純米・6号酵母仕込「きたしずく」
ラストにふさわしく、金ラベルである。



新十津川産「きたしずく」を現存最古のきょうかい酵母「きょうかい6号」で醸した純米酒。
麹米は35%まで磨き、掛米は80%と磨かない米で醸す新たな醸造方法で「きたしずく」のポテンシャルを極限まで引き出したと。
なので、純米大吟醸でなく、純米なのね。



ほぼ無色透明。


お味は、サラサラまたはスルスルとして、ものすごい透明感。
今まで経験したことのない、滑るような口当たり。
風林火山風に例えると「滑らかなること水の如し」で、正にラストを飾るに相応しい美味しさです(^Q^

| | コメント (0)

2021年8月 5日 (木)

東の麓・純米吟醸

いただきものの酒です。
東の麓・純米吟醸・・・「あずまのふもと」と読む



純米吟醸・出羽の里。
酒米に「出羽の里」を100%使用。
日本酒度:0~+2
杜氏:神 理
精米歩合60%
アルコール分:15度
蔵元は山形県南陽市の「東の麓酒造」



ほんのりと色が付いている。



お味は、しっとりと味わい深く、しっかりとした酸味。
ブレがなく筋が通って、飽きが来ず、ついつい飲み進んでしまう、そんな味わいです(^^

| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

純米酒・福香

北日本銀行からのいただきもの。
先日の金色堂と2本セットでいただいた内のもう1本。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2021/07/post-1615f2.html

東北復興支援酒で「福香」(ふくこう)



売上の一部が岩手県沿岸水産業の復興支援に使われると。



精米歩合60%
アルコール分14-15度



やや色が付いている。



お味は、素直さがあり、しっとり感があって、ほんわかとした心地よい香り。
金色堂とよく似た味わいであるが、純米ゆえかより米の旨み感が。(特に常温に近づくと)
ちょうど今、復興五輪が開催中ですが、違う形で復興支援させていただきます(^^

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »