« ガブリエル・メフレ・インネ・コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ(2018) | トップページ | 大洋盛・金乃穂 »

2024年1月 9日 (火)

千歳鶴・純米大吟醸・きたしずく(2023年頒布会)

札幌の酒、千歳鶴。
2023年10月の頒布会2本目、ラスト。
1本目の記事はこちら→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2023/11/post-305f20.html

1本目から少し間が開きましたな。師走や年末年始で忙しかったからね。

しかし、ラベルデザインが凝っている。色もそうだが、米粒の配置もそれぞれで変えている。(過去記事見れば変化が分かります)


精米歩合40%、アルコール分15度。
新十津川町産きたしずくを40%まで磨き上げ、米と米麹だけで醸し上げた純米大吟醸。
完熟したメロンのような香りとまろやかな口当たりをお楽しみいただけますと。


千歳鶴にしては結構色が付いている。
トロトロな感じのフルーティーな香りがします。



お味は、トロトロな感じのフルーティーな香りと甘み。
下手な表現で申し訳ないが、飲むとホワホワして、花園の中に居る様な感覚になる。
女性受けしそうな、カクテルっぽい作りで、杜氏の挑戦の様な物を感じる。その挑戦が大成功してる味です。
無意識に飲み過ぎてしまいそうな、危険な美味しさです(^Q^)

|

« ガブリエル・メフレ・インネ・コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ(2018) | トップページ | 大洋盛・金乃穂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガブリエル・メフレ・インネ・コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ(2018) | トップページ | 大洋盛・金乃穂 »