2019年6月11日 (火)

シャトー・アルモニ・サンテミリオン・グランクリュ(2013)

巴工業からのいただきもの。
前回は別の種類のサンテミリオンをいただいた。(サンテミリオンにも色んな種類があるんやね)
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2018/05/2015-93df.html



アルコール分12.5%
もちろんフランスのワイン(赤)


オーソドックスなワインレッドですかね、注ぐときは薄い色に感じたが。
ベリーのような華やいだ香りがします。



お味は、しっとりしてしっかり、渋み、酸味もバランス良く。
華やいだ香りと共にそれらが調和良く感じられる。まるで、お花畑(ローズガーデンなど)にいるようです。(^q^)

私事ですが、今日、6月11日(火)、かねてから気になっていた「大哺乳類展2」を見てきた。
何年か前にも見たが、まさか2が開催されるとは夢にも思わなかった。
予めヤフオクで券を入手(当日券1600円の所、1300円)して、上野の国立科学博物館へ。



多くは語りませんが、多数展示されていた剥製や骨格の標本は以前にも見ているお馴染みのものでした。



目新しい所として、移動方法(歩く、走る、泳ぐ、掘る)などを映像で理論的(骨や筋肉の動きなど)に解説。
自分自身の新たな発見として、
・奇蹄目より偶蹄目の方が種として発展している・・・偶蹄目の方が胃が発達していて、奇蹄目は腸による消化に頼っている。
・陰茎に骨を持つ哺乳類がおり、草食動物に多く、チャンスの際に素早く交尾出来ることにより種の保存に貢献している。
など。

夏にはお決まり?の恐竜展が開催されるようで、また行ってみます(^^

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

アサヒ・株主限定プレミアムビール2019

もう既に届いている人が多いと思います。
100株保有で350ml缶4本が送られて来る。
因みに昨年の記事→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2018/05/2018-d04e.html


アルコール分5.5%



今年の株主限定ビールのコンセプトは、徹底的に麦の旨味に拘り。
最高等級の粒の大きな大麦麦芽のみを使用し、ホップの苦みを抑えて麦の旨味を最大限に引き出したと。


黄金色のbeer



お味は、麦の旨味がしっかり。スッキリとしているのにコクがしっかり。
かなりコストと手間暇かけている感じがするが、是非、商品化して欲しいね(^^

私事ですが、本日、5月23日(木)、ドトール・日レスホールディングスという会社の株主総会に行ってきた。(会場は、渋谷のセルリアンタワー東急ホテル)
ドトールと日本レストランシステムという会社を傘下に持つホールディングス会社です。
ドトールはお馴染みと思うが、日本レストランシステムは洋麺屋五右衛門や星乃珈琲店などを展開している会社。
平日というのにざっと見た限り500人以上の出席者、但し、入り切らず第4会場まであるという総会内での説明があり、かなりの数の出席者だった模様。年齢層としてはシニア以外に現役世代も多かった。
社長は星野社長でかなりしっかりした人に見受けられ、10時開始でキッチリ11時に終了。全ての質問に社長が答えてはったわ。
質問と言っても短い時間で区切ったので全部で8問。業績好調なので、提案的な内容が多かった。
ドトールグループとしては、ちょっと高級志向で「ドトール珈琲農園」「神乃珈琲店」(かんのと読む)といった店舗も展開していくということで、これは是非行ってみたい。
他社になるけど、椿屋珈琲にタマに入るが、内装や女性店員の制服が大正チックで、非常に心が落ち着く。また、サイフォン珈琲も美味しい。・・・珈琲って単なる飲み物でなく、その場に居る空間含めて愉しむもんやと思うねんね。と、最近、思うようになった。


で、キニナルお土産は。
ドトールカフェオレ缶と500円引きサービス券2枚。
サービス券は洋麺屋五右衛門と星乃珈琲店で使用可。
2店ともまだ行ったことがないので、今度行ってみます。(^^

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

ルーデバーグ赤(2017)

いただきものの赤ワイン。



南アフリカ産。
アルコール分14%
ぶどう品種は書かれていない。



フルボディということで、しっかりとした濃い色。
プラムの様な濃い香りがします。



お味は、どっしりしっかり、深い味わい。それでいてフルーティーなプラム感。
裏ラベルの説明にもあった様に濃縮感のある果実味です。
冷やし過ぎるより常温の方がより深い味わいとなる。
ブレ無く、軸がしっかりとしていて美味しいです。(^^

私事ですが、今日、5月22日(水)、ミニストップの株主総会に行ってきた。
場所は海浜幕張にあるイオンタワー(別館)
出席者数は226名と総会中に発表され、出席者の年齢層はリタイヤ組だけでなく現役世代の出席も平日の割には多かった。特にスーツ姿。

コンビニ業界は競争が激しく、2期連続の赤字決算で、来期(2019年度、決算月は2月)は黒字化を計画と。
→施策として、おにぎり全品100円(税別)攻勢、200店舗の不採算店閉鎖、タピオカ商品を下期から投入、など。

質問数も計18点(一人当たり2点まで)にも及び、10時開会で12時閉会と2時間。
・9時過ぎに来てもロビーには役員が一人も顔を出さない、年に1回の貴重な意見を株主(ミニストップファン)から汲み取れる機会と思うが、なぜ活用しないのか?
・郊外店はトイレがキレイだが、首都圏ではミニストップに限らずどこのコンビでもトイレが汚い。主に食べ物を売ってるコンビニでコレでは買い物する気が起こらない。専門業者に委託するなどして改善出来ないか。といった女性目線でのごもっともなご意見も。


帰りに貰ったお土産は、ナント、薔薇の鉢植え。(持って帰り易いように専用袋入りでした)


育て方の説明書付きで、結構、手間のかかる事柄が書かれてある。
○月にはアレせえ、○月になったらコウせえ、とか。
肥料やりと剪定が重要な様で、肥料も時期によって液体だったり粒状だったり。
「追肥」「お礼肥」といった耳慣れない言葉も。


これも試練と思い、育ててみますかね(^^

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

ファンケル株主総会(2018.6.23)

今年も行ってきたファンケルの株主総会。

例年通り土曜開催の横浜アリーナ。
2012年から毎年来ているが、いつもと違うのは、新横浜に引っ越したのですごく近くなったこと。・・・徒歩5分程

11時開場で13:00から総会。
11時で結構並んでおり、皆さんのお目当てはグッズ販売(ファンケル商品)と思われる。
参考:昨年の記事→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/06/2017617-3a07.html



懇親会会場では、創業者 池森賢二氏 復帰後の軌跡なるパネルが目を引いた。
一旦、引退していたが、大企業病に陥り業績悪化した会社を見かねて数年前に復帰。V字回復のキッカケを作った。

総会では本人がコメントする機会があり、本人自身このパネルが出されるのを知らなかったそうで、来て見て『なんでこんなものがあるんだと』と役員に問いただしたそう。・・・『私一人の力ではない』と。

復帰は2013年1月やね。

広告宣伝や販売チャネルの拡大などにより業績はV字回復。

例えばコンビニなどでもファンケル商品をよく見かけるようになった。
私が良く行くコンビニも載っとる。・・・(この地図にない遠くのコンビニにわざわざ行くこともないが。)

こういった数々の機能性食品をコンビニだけでなく自社通販、外部通販(アマゾン、楽天など)にも広げて売上UP↑

13:00からの総会で個人的に気になった点としては。

今後の拡大に向け、海外展開。特に中国市場に注力していくと。
中国向けに新たに商品開発(規制が日本より厳しく日本向けをそのままではいかんらしい)

株価がここ1年で1600円→5500円に対し株主数は10万5千人→7万7千人に減少。・・・上がり過ぎて買い辛くなったのと、十分儲かったので売り払った人がいたんかね。

あと、最も存在感のあった山岡取締役が家庭の事情で退任と。(退任の挨拶では少し滑舌が落ちたような。)

総会自体は2時間で終了。
総会としては長い方だが、議案以外の質問も受けて、株主(ファンケルユーザー)との対話を大事にしたいと・・・島田社長が総会の場で。

帰りに渡された今年のお土産は。
1.マイルドクレンジングオイル・ハーフサイズ60ml
2.温冷アイマスク・・・繰り返し使えるもの
3.ディープチャージコラーゲン・14
4.発芽米金のいぶきグラノーラフルーツMIX

品目は去年より減ったが、密度が上がったように思う。
今年もなかなかの収穫です(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

不用品回収

不要品回収に来て貰ったわ。最近、こういうのあるんやね。
品目は、
・125ccバイク:12000円
・バイクヘルメット:1000
・6畳ウッドカーペット:5000
・布団上下:2000
・コタツふとん上下:2000
・パイプハンガーラック:1500
・スキーブーツ(実際はインラインスケート):1000
・19インチブラウン管テレビ:2000
・テレビラック(56×44×122cm):3000
・ビデオデッキ×1
・DVDデッキ×2
・ミニコンポ:
・ノートパソコン×2
・ゲーム機×4(ツインファミコン、スーパーファミコン、プレステ2、Wii)
・食器×ダンボール3箱
小物は箱数で1箱千円
締めて総計48,600円。
結構な量引き取って貰って助かった。
業者はダストマン回収センターでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

ラウンドワン会社説明会(2017)

今年も行ってきたラウンドワンの会社説明会。2017年7月1日(土)。
場所は例年通り赤坂にある都市センターホテル。

昨年の記事↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2016/07/2016-13ba.html



例年通り、前半に杉野社長からの業績説明。
業績は堅調で黒字を確保。国内はほぼ現状維持で北米はこれからも伸びると。
業界をリードするテコ入れ策として、
・カラオケのモニターを42インチ→65インチに拡大
・オンラインネットワークを利用して離れた場所にいる人同士がボウリング対戦ができるようにする未来型提案
・ボウリングのマシンに大画面表示させて様々なメッセージを発信(マナーなどの注意事項も)
を実施していくと。

後半は質問タイムで約12名の方が質問。
興味を引いた内容を幾つか挙げると。
・オリンピック新種目選定はある程度出来レースだった。かなり外堀を埋めて頑張ったが、若者に人気がある、視聴率が取れるといった点である程度は決まっていたようである。ただ、次のオリンピックでも選定に向けて頑張る。
・ラウンドワンカップというプロ・アマ参加型の大会の終了・・・7~8千万の費用がかかる割には、功が少ない。別な形でプロボウラーのファンを増やして行きたい(オンライン対戦型のボウリングを例に挙げて)。よしもととは言わないが達川や福本のような存在が出て来るようにしたい。
・完全禁煙について・・・禁煙にすると売上が減る。別の喫煙可の所に客が流れてしまう。ドトール(喫煙可)とスタバ(禁煙)の例を挙げて、禁煙にはしたいが売上との兼ね合いで今現在は出来ない。

10:00から始まった説明会は11:35に終了。
この後、杉野社長他関係者は名古屋に移動し、また説明会になります。

気になる今年のお土産は。

プレミアムチケット4枚。予め案内状には説明があり、驚きはないが、例年のようなグッズは無かった。まぁ嵩張らなくて良いが、ちょっと味気ないかな。・・・過去記事読み返すと2年前もチケット4枚の形式でした。



お土産の内容が予め知らされていたせいか、満席だった去年と比べると空席がちらほらとあった今回でした(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

ワタミ株主総会(第31回・2017年6月25日)

今年も行ってきたワタミの株主総会。場所は去年と同じTKPガーデンシティ品川。

(参考)去年の記事↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2016/06/302016626-3b96.html

開場は9:00で総会は10:00から。
開場に入ると、去年あったワタミファームのアイスクリームの試食が無くがっかりしたが、渡されたチラシのプログラムを見ると、ナント、弁当が支給されると。・・・予め聞かされていなかったためこれはちょっとしたサプライズ。・・・(アイスよりこちらの方が良い)

総会での説明は、3期ぶりに営業利益が出たということで、業績が回復しつつあるということ。特に新業態のミライザカや鳥メロといった店が改装前に比べて3割程度売上がUP。
しかし現時点での稼ぎ頭は宅食事業で、外食は今期に黒字営業を目指すと。
3期振りの営業利益回復のために、従業員にはかなり無理をさせていたようで、平均残業時間45時間や有給休暇消化率1割程度と。その辺りについて質問コーナーでも出てて今期5円/年の配当だが従業員に回してやって欲しいといった株主意見も。
10時から始まった総会も12時には無事終了。質問コーナーにたっぷりと時間を取る姿勢は美樹さんが社長の頃からの伝統やね。日曜に総会を開くという点も。
出席者数は昨年の約1.5倍の3600名だったそうで、この数字はワタミ復活を裏付けるものではないかな。

総会終了後、各席に弁当が配られた。
宅配弁当の他に、スーパーにも卸すようになったとのことで、その弁当。
塩分をかなり抑えているようで味付けはかなり薄味。健康のためにはこれが良いのだろう。素材の味は文句無しでした。


12:30からワタミの3つのCSR活動の紹介ということで、創業者の美樹さんが登場。今は国会議員をされているそうで。声の張りの良さは健在やね。
・環境保全
・夢をかなえる会
・カンボジアの学校建設
について各関係者から説明。
司会は中学3年の将来アナウンサーを目指すという美樹さんが理事長の郁文館なる学校に通う生徒。確かに声の張りが常人離れしてたね、声優みたいで。
事業紹介は予定の1時間で終了し、会場を後にした。

気になる今年のお土産は。
去年とほぼ同じ。1000円券とワタミファームのジュースと青汁+α

東京オリンピックも近付いてきて、おもてなしの精神(ありがとうを集めるというのを良く聞く)が息づくワタミにとって追い風ではないでしょうか。
来年の総会での更なる業績アップの報告が今から楽しみです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

ファンケル株主総会(2017.6.17)

今年も行ってきたファンケルの株主総会。
(参考)昨年の記事。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2016/06/2016625-c1ef.html

例年通り土曜開催の会場は横浜アリーナ。

開場は11:30で総会開始は13:00から。
総会の冒頭でお詫びがあり、特売コーナーが非常に混んでご迷惑をかけたと。来年はレジを増やすなどで混雑を解消すると。・・・例年のことで今年もそれなりに対応していたようだが、予測以上に売れてしまったように思う。
写真は懇親会会場の様子だが、新商品も幾つか目に付いた。糖値サポート、快腸サポート、パーフェクトスリムと言った機能性表示食品。

総会の始めに驚いたのは、社長が交代しとるではないか。
去年の総会で殆どの質問に的確に回答していた島田取締役が社長になり、総会の議事進行。
10年間、社長を務められた宮島さんは副会長に。
総会の中でも社長交代についていくつか質問があって、「創業者の池森会長から見た期待度は?」といった問いに対して、「今までの4人の社長の中では最も納得できる後継者」といった上々の評価。数字にも強く、厳しさもあると。それでいて部下からの慕われ度は大きいと。
島田社長自身の言葉は、
ファンケル入社以前も含めて今まで7人のトップの脇を固める仕事をしてきて、色々な無理難題を解決してきたことにより、トップが何を考えているのかが解るようになってきたと。

質問は計16項程あったが、業績が回復して好調なため批判めいた質問はなく、新役員への期待や新商品についてなど。
最後に池森さんからの熱いメッセージというか決意表明。・・・(毎年このメッセージに期待して総会参加する株主も多いのでは?)
65歳で経営から引退し、その後、会社が傾いて立て直しのため75歳で経営に復帰。今年2017年の6月1日で80歳になり、業績がほぼ回復に向かってきたが、もう少しとどまって、そう長くないうちに退くと。
昨年から打った広告宣伝費拡大の効果(今年はTVや新聞広告からネット広告にシフトすると)や技術力の商品への展開、具体的には無添加の化粧水の容量30ccを100cc以上にしていくと(無添加なので長期間保存が難しいらしい)

1時間45分で総会は終了。

帰りに渡された今年のお土産は。
1.洗顔パウダー50g
2.濃密もっちり泡立てネット
3.スマホえんきん(15日分)
4.マルチビタミン&ミネラルQ10(15日分)
5.発芽米めざめの朝がゆ

今年もなかなかの収穫。
スマホえんきんは新商品のようで、これは是非試してみよう。眼鏡不要とまではならないとは思うけど(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

ラスコー展

ラスコー展に行ってきたのでその記事を。(因みに11月です。)
副題に「クロマニヨン人が残した洞窟壁画」
入場料1600円の所、ヤフオクで期間限定の入場券を910円(送料込)で入手。

こちらが公式ポスター。会場はいつもの上野の国立科学博物館。会期は2月19日まで。
ラスコーと言えばラスコー洞窟の壁画。教科書などで見られたかと思う。



ラスコーに描かれた壁画の年代は約2万年前だそう。それ以前の年代にも別の壁画が存在する模様。


実は日本にも壁画が存在し、最古の物は高松塚古墳で1300年前。
ラスコー壁画に比べたら随分と年代が新しいが、見つかっていないだけでもっと古い壁画があるかも知れない。


ラスコーはフランスにあり、地理的にはフランス南西部。ワインで有名なボルドーに近い。



実際のラスコー洞窟は世界遺産に登録されているが、保存のため現在は封鎖されている。大昔は見学が出来たがその際の見学者の吐く息や空調設備などの影響で壁画にダメージが与えられたそうである。
洞窟は1本ではなく、幾つかに枝分かれした複雑な構造。


洞窟内の模型。場所によって広い空間もあれば狭い空間もあり。壁面が平面でなく凹凸があるのが分かると思う。

洞窟内に入れた時代に撮られた写真だが、壁画の大きさが分かると思う。結構大きい。
高いところを描くのに足場を組んだり、洞窟内は光が届かず暗いのでランプを使用したりと結構道具が使われていた。
そして、ラスコー洞窟は居住のためではなく、ギャラリー(絵画の展示、または、儀式)として使われいていたそうである。



今回のラスコー展の最大の目玉は、最新の技術を駆使した実物大のラスコー壁画の再現。


一部を紹介しよう。写真では小さく見えるが実際は大きくて、描かれた位置も再現され高いところにあったりする。
壁画にはそれぞれ題名が付けられている。


ラスコー壁画を描いたのはクロマニヨン人という人だそうだが、そのクロマニヨン人の生活様式も模型や映像で展示。
ラストはお決まりの物販コーナー。フランスということでワイン、ビーフジャーキー、カレーなど。

このバウムクーヘンは外側に壁画が描かれていてよく出来ていた。

ラスコー展、結構芸術性が感じられて良かった。2万年前の芸術。
興味のある人は行ってみてはどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

ラウンドワン会社説明会(2016)

今年も行ってきたラウンドワンの会社説明会。2016年7月2日(土)。
毎年、大阪での株主総会の後、7月の第一土曜日に東京地区の株主に向けての説明会が行われる。
場所は例年通り赤坂にある都市センターホテル。

(参考に去年の記事を)
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2015/07/2015-d902.html

株主数が増えたのか、今年は過去最高の入り。満席。
初め立ち見もいたが、社長が説明中に「どうぞ詰めてお座りください」と着席を勧めていた。(2回も)・・・過去6~7回東京地区で説明会が行われており、私も4~5回は来ていると思うが、こういうシーンは初めて。
入口に用意された紙の資料(下の写真のもの)が無くなってしまい、質問コーナーで株主からお叱りを受けていた。・・・(お土産は全員に行き渡った様ですが)

2015年度の業績は、前年よりややマイナスだが計画通り。無借金に近い経営で現預金もやや多いかなと思えるくらい確保していると。
北米展開が好調で今後も拡大していくと。・・・(日本だけだと先の震災の経験から、一気に経営危機的状態になりうるので、リスク分散のためにも必要と)

後半の質問タイムでは11人の質問に回答。
印象に残った質問への回答としては、
・スポッチャの対象としてセグウェイをテスト中とのことで、47店に展開していく予定だと。
・カラオケ業界が低迷しているが、何か対策は?・・・カラオケは4~5年サイクルで浮き沈みがあり、2000年頃は浜崎あゆみの歌をみんなが歌いたくて練習のためにブームになった。4~5年前は点数が付く、というところでテレビ企画が火付け役となりブームとなった。・・・(毎年感心するが、社長、よく分析出来てるわ)
ラウンドワンは複合店で、他のサービスとの連動があるので、専門店程の落ち込みは無い予測と。
・北米以外のアジア進出(質問者はベトナム推し)は無いのか?・・・規制(中国では遊具への規制が厳しい)や関税(例えばゲーム機の倍額の税金がかかるとか)が現状あって難しいと。機が熟した時に進出しても遅くは無い(後出しジャンケンが効く、先行者利益が無い業種である)
10時開始で終了は11時半過ぎであった。

写真は終わった後です。前半分の席を映しており、もう半分後ろにこの規模の席数がある。
今日は満席だったが、これだけの広さが確保できる会場にしては割安で、来年も恐らくこの会場だと。

キニナル今年のお土産は。
各種サービス券2枚と、新たにイメージキャラクターに起用された「Little Glee Monster」なる女子高生ボーカルグループのラウンドワンオリジナルグッズ(ストラップ、缶ボトル、扇子)
去年はサービス券4枚であったが、グッズ系が復活。
株主には高齢のコアなアマチュアボウラーが多いようだが(質問者の中で何人かが『私はプラチナ』なる発言をしていた)、孫などに喜ばれる内容かと。・・・あ、そうそう、杉野社長も小中学生の入場を増やしたいと言っていた。

なぜか最近、株価が上昇(600円位→800円超え)してきていますが、堅実な経営が実を結んで来た成果でしょうかね。・・・上昇して買い増ししづらくなった(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧