2017年6月22日 (木)

グランドキリンJPL(ジャパン・ペールラガー)

グランドキリンの派生商品。JPL:ジャパン・ペールラガー

溝の口のオーケーストアで257円(330ml)
アルコール分6%


ベースはIPL(インディアペールエールラガー)で日本風にアレンジされたものの様。


色はオーソドックス。

お味は、苦みしっかりでスッキリとしたキレ。
IPLにしてはアッサリ寄りで日本風にアレンジされたのが分かります(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

サントリー・-196℃ストロングゼロ・ビターオレンジ9%

今日は夏至であり、昼間は嵐だった関東地方。

久しぶりに缶チューハイ。
ストロングゼロのビターオレンジ。
少し前にドライを飲んだ。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/05/-1969-0e13.html

溝の口のオーケーストアで103円(350ml)

オレンジ果皮を瞬間凍結後、粉砕して浸透させた製法。

オレンジ色かと思いきや無色透明。

お味は、甘くなくてドライでスッキリ。心地よいビターなオレンジ感と言いますか、オレンジの皮の味やね、やっぱり。こういうチューハイのエキスにするなら実より皮の方が良いのではなかろうか。
9%なのでこの記事書いている間に早くもガツンと来てますわ(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

東光・純米無濾過生原酒(2016年頒布会)

米沢の酒、東光。2017年1月頒布会の2本目。
1本目の記事はこちら↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/05/2016-4830.html

これで2016年度頒布会の酒は最後になる。
純米無濾過生原酒。

軽くてスッキリ&香り高いタイプ。
精米歩合60%
アルコール分17度

やや色が付いている。若々しい香りがします。

お味は、ほんのり甘み(甘口ではない)があって、スッキリとしたキレで、後口に酸味で〆
ガラスのように透き通った「吟」とした味わいで芳醇ではないが淡麗でもない。
一言、言わせてもらうと、後口のキュッと締まる感が溜まりませんなぁ~♪
2016年度の頒布会の酒、全体的に美味かった。東光らしく甘口辛口変幻自在でそれでいて軸はしっかり。2017年の頒布会も楽しみにしています(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

会津ほまれ・純米大吟醸・本生原酒

会津の酒、会津ほまれ。
いただきものです。
企業からでも家族からでもなく日本酒好きの会社の先輩より。・・・(ありがとうございます)
飲み会の席で「地元の酒でいいのがあるから今度持ってくるわ」と。

純米大吟醸・本生原酒ということで、精米歩合50%、アルコール分17度。
会津ほまれはコスパ高く首都圏でも見かけるので過去に幾つか飲んでいるが、ここまでグレードの高いのは初めて。
過去記事見ると直近で2014年10月に飲んでいた。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2014/10/post-c426.html

蔵元はほまれ酒造。喜多方にあるんやね。知ってる筈だったが忘れかけていた。

生原酒ということで若干澱が入ってる模様。厚みのあるフルーティー香がします。

お味は、やや甘口でやや特徴的な酸味が心地よい。澱の効果かふんわり柔らかみのある味わい。
一般的な大吟醸のよそよそしさはなく、どちらかというと馴染みやすい家庭的な雰囲気で、それが良い。
細口縦長の盃で飲むと傾ける効果が働くのか特徴的な香りが喉奥でしっかりと感じられてより美味しさが感じられます。
いゃ~、飲めば飲むほど美味いねぇ♪
これをキッカケに会津ほまれのファンになってしまいそうです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

オリオン・ちゅらたいむ

オリオンの「ちゅらたいむ」
前からあった商品かね?多分、初めて飲むけど。

溝の口のオーケーストアで103円。
アルコール分5%

第三のbeerにしては濃いめの色。


お味は、スッキリ辛口で喉ごしが良い。
暑い日にク~っと飲むのに向いてるね、ク~っと(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

千歳鶴・市澤智子セレクション其の一・特別純米(2017年頒布会)

札幌の酒、千歳鶴。今年の頒布会の一本目。

今年の頒布会のテーマは、新杜氏を迎え入れたということで、その新杜氏が厳選した六本。

4月~6月に各2本ずつ。計10800円(税込・送料込)・・・1本当たり1800円


其の一、特別純米の酒質は、精米歩合60%、北海道産「吟風」100%使用。

結構、くすんだ色が付いている。・・・期待が持てそうな色

お味は、しっとりとした濃密旨口で深い味わい。後口にキュッと締まる感が来て良いねぇ。
従来の千歳鶴・特別純米はスッキリ系&素直なマッタリ系の味だった記憶があるが、明らかに味わい深さが強調されて別物になっている。・・・いや、これも美味しいです。
新杜氏の智子(さとこ)さん、なかなかやりますね(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

サンダーロード・パシフィックエール

例の西友直輸入の外国ビール。
少し前にIPAを飲んだ。
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/02/ipa-b74a.html

武蔵新城の西友で265円(330ml)
アルコール分4.4%
原産国はベルギー


シャンパンのような味わいと。


若干、濁りが入った色か。しっかりとした柑橘系の香り。

お味は、若干のフルーティーさはあるもののしっかりとした苦みの方が特徴。結構刺激的ではあるがライト(軽い)な飲み口。
このパシフィックエールを含めて、サンダーロードシリーズ、どれも刺激的な味で美味しいです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

東光・限定純米吟醸ひやおろし(2016)

米沢の酒、東光。
手持ちの「ひやおろし」はこれで最後です。もちろん去年のひやおろし。
2016年の頒布会申込みと一緒に購入、同梱。四合瓶で1350円。

2016年頒布会の中にも純米吟醸ひやおろしがあってそれと同じ物なのかも知れない。http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/01/2016-0c66.html

酒質は、精米歩合55%
日本酒度-3(甘口)

結構色が付いている。フルーティーな香りが広がります。

お味は、熟成感たっぷりの旨口。甘口であるがスッキリしたキレで素直に舌になじんで来て飲み飽きしない。旨みがふわっと広がる。
恐らく頒布会での純米吟醸ひやおろしと同じ物と思われるが、こちらの方が日にちが経っている分、安定味が増している気がします。(その代わり生詰による若々しさは奥深くへ)
いゃ~、冷蔵庫保存して梅雨入り前に飲む「ひやおろし」も美味しい(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

白濁(しろにごり)

以前にも飲んで紹介したかもやが、もしそうだとしても相当前。
スーパーなどで缶が逆さまになって売られているのを見かける人も多いかと。

溝の口のオーケーストアで215円(330ml)

反対側の缶デザイン。


特別な白生酵母を使用しフィルターをかけないで白濁を実現と。


逆さまで保管しても飲み口に汚れが付着しないようにビニールのキャップが付いている心憎い気遣い。


白ビールなのか結構薄めの色。目を凝らすと酵母の死骸のようなものが多数入っている。
そして、さっぱりとした柑橘系の香り。

お味は、酸味が心地よくほのかなフルーティーさも。
白濁でありながら上品で透明感のある味わい。
正に貴族のビールと言った美味しさです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

櫻正宗・さくらDUET・RED SWEET

昨日のWHITE DRYに引き続いて、今日はRED SWEET.

昨日の記事はこちら↓
http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2017/05/duetwhite-dry-2.html


ロゼワインのような色やね。

アルコール分11-12度と低め。飲み頃温度も低め。

盃に注ぐとかなり濃い赤。

お味は、ほんのり甘口どころか、かなりの甘口。甘さを抑えた果実酒(梅や杏)若しくは、食前酒といった味わい。女性には受けそうやね。
昨日の記事に書いたようにブレンドしても楽しめるということで、少し残しておいたWHITEとブレンドしてみると、あっさり素直&ほんのり甘口で、これがなかなか美味しく、ブレンドによるマイナス点が全く無い。
ブレンドして楽しむのがベストな酒なのかも(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧