2023年1月16日 (月)

翠露・純米大吟醸・雄町・しぼりたて無濾過生原酒

いただきものの酒です。
諏訪の酒、翠露。
翠露・純米大吟醸・雄町・しぼりたて無濾過生原酒。去年もいただいており、飲むのは2回目です。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/03/post-776967.html

毎年、冬の時期にしぼる商品の様で、今年のはどんな味に仕上がっているのか。



精米歩合49%、アルコール分17度。
全量、岡山県産「雄町」使用。



ほぼ無色透明。
注いでいるうちに早くもメロンのようなフルーティーな香りが。



お味は、しぼりたてを思わせるフレッシュな味わいに、フルーティーな爽やかさ。
今年の方が去年のよりも軽快に感じます。
去年もの美味しかったが、今年のも美味しい(^Q^)

| | コメント (0)

2023年1月11日 (水)

ビューシャトーフルーケ2017サンテミリオン・グランクリュ

久しぶりの家飲みワイン。
巴工業からのいただきもの。2020年12月にいただいた物で、2年前になりますかね。
サンテミリオンということで、フランスの赤ワイン。



ちょうど今自分、岸田首相がフランスを訪問してマクロン大統領と会談されたそうで。
サンテミリオン、飲まれたかな?



メルロー90%で、カベルネフラン10%だそうで。
飲み頃温度は、16-18℃
アルコール分13%



なかなかに濃いめなワインレッド。
華やぐ香りが心地よく、ずっとかいでいたい位。



お味は、心地よい渋みに重厚感があり、まろやかさも。プラムの様な重めの香りもGOOD。
フルボディ寄りと思いますが、なかなかに美味しいワインです(^^

| | コメント (0)

2022年12月25日 (日)

純米・吟風國稀

稲葉製作所からのいただきもの。
2本セットでいただいた。
北海道・増毛の酒、國稀。


前回は東京都の酒、澤乃井をいただいていた。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/01/post-6eef30.html

毎回、イナバの拠点のある地方の特産品をいただくが、北海道にも拠点があるそうで。



2本セットの内の1本目、純米・吟風國稀を先ずはいただく。



精米歩合65%、アルコール分15度。酒米はもちろん「吟風」100%
特徴としては、以下の通り
香り:穏やか
味わい:コク旨み
甘辛:やや辛口
以外と室温で飲むのがBESTなんやね。


ほぼ無色透明。ほのかにフルーティーな香り。



何を隠そう、普段飲みの酒器が「國稀」の物なんです。
久しぶりにこの盃に入るべき酒を家で飲む。



お味は、しっとりとして穏やかな優しいコク、ほのかに感じるメロンに似たフルーティーな香り。
久しぶりの國稀、懐かしさも感じ、美味しいです(^^

| | コメント (0)

2022年12月19日 (月)

千代菊・本醸造原酒

岐阜羽島の酒、千代菊。
JFLAホールディングスからのいただきもので、半期前(半年毎の前回)にいただいていたもの。
千代菊を何本か貰ったうちのラストになります。
かなり間隔が開きましたが、前回は8月に「う・無濾過原酒純米吟醸鵜」を飲んでいた。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/08/post-1ca585.html

精米歩合65%、アルコール分18度になります。本醸造ゆえ醸造アルコール入り。



そこそこ色が付いている。



お味は、しっかりした強めの飲み応え。ストロングやね。
そして、しっかりと辛口。
米の旨み感よりかは、水の良さの透明感を感じます。・・・「冷」で飲んでるからそう感じる所もあるかと。こう書いている内に常温に近付くと旨み感が出てきた。

本醸造なので、人肌燗も試してみた。
あー、美味い、丸みが出て。
冷、常温、燗、どの温度でもオールラウンドに美味しいです(^^

| | コメント (0)

2022年12月13日 (火)

高尾の天狗・純米吟醸原酒・ひやおろし

いただきものの酒です。
髙尾の天狗・純米吟醸原酒のひやおろし。
以前に純米吟醸・しぼりたて原酒を飲んでるのでご参考に→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/02/post-0578e9.html


精米歩合55%、アルコール分17度。
「翠露」の蔵元「舞姫」の製造。



そこそこ色が付いている。心地よいフルーティー香。



お味は、しっとりとした濃密さがあり、旨味の詰まった熟成感。
メロンの様なフルーティーな香りも感じられて、これは美味しい(^q^
美味しいので天狗のアップも載せときます。

| | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

白菊・純米原酒

茨城県石岡市の酒、白菊。
めぶきフィナンシャルグループからのいただきもので、先日飲んだ白菊・純米吟醸原酒60とセットでいただいた。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/10/post-9ca4c4.html

純米原酒。
茨城県龍ケ崎市の横田農場「ゆめひたち」一等米全量使用、と書かれてある。
精米歩合60%、アルコール分16-17度です。



かなりの色が付いている。古酒のような。



お味は、まろやかで深みのある味わいで、スッキリとした飲みやすさもあり、とてもバランスが良い。
普段飲みに適するような、飽きの来ない美味しさやね(^^

| | コメント (0)

2022年11月20日 (日)

翠露・吟醸・超辛口・秋あがり

いただきものの酒です。
諏訪の酒、翠露。「吟醸・超辛口・秋あがり」
先日飲んだ「純米吟醸原酒・美山錦・秋あがり 」とセットでいただきました。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/11/post-85312a.html

こちらも秋らしい赤を基調としたラベルデザイン。
精米歩合59%、アルコール分16度になります。



そこそこ色が付いている。



お味は、味わい深い熟成感。
「超辛口」という程には辛さは感じませんが、キレの良さは感じる。飲みやすい。
こちらも美味しい秋あがりです(^^

| | コメント (0)

2022年11月13日 (日)

いなば鶴・強力・純米大吟醸

JFLAホールディングスからのいただきもの。
「いなば鶴・強力」この銘柄は初めて飲みます。



「強力」とは、かつて山陰は因幡地方中心に生産されていた幻の酒造好適米だそう。
反当たりの収量の少なさ、尋常でない背丈、大粒のための穂が倒れる危険といった理由から姿を消したが、苦労して復活させたと。(化粧箱の横に書かれていた)
蔵元は、鳥取市の中川酒造。


精米歩合40%、アルコール分16度。
日本酒度+4、酸度1.5


結構、色が付いている。香りは控え目です。



お味は、とてもしっとりとして吸い付く様な感覚に、非常にしっかりとした米の旨み。
大吟醸っぽさがなく、それが良い。
確かに、力強さを感じ、「強力」と名付けられた理由がよく分かる。
今まで飲んだ酒とは異なるタイプで、一言で言うと「濃醇」、酒本来というか米の美味しさが感じられます(^Q^)

| | コメント (0)

2022年11月 7日 (月)

翠露・純米吟醸原酒・美山錦・秋あがり

いただきものの酒です。
諏訪の酒、翠露。
「純米吟醸原酒・美山錦・秋あがり」
何年か振りに飲む、「秋あがり」です。



精米歩合59%、アルコール分17度。
美山錦100%使用。



そこそこ色が付いている、熟成酒ゆえに。
華やかな香りがします。



お味は、しっとりとした飲み口に、膨らみのあるまろやかな旨みと熟成感。秋あがりそのものやね。
純米吟醸ゆえか滑らかさも加わります。
久々の秋あがり、まろやかで飲みやすいので「飲み過ぎんようにせんと」と思う美味しさです(^q^

| | コメント (0)

2022年10月31日 (月)

浜千鳥・ゆめほなみ・本醸造

釜石の酒、浜千鳥。
北日本銀行からのいただきもので、
先日飲んだ「吟ぎんが・純米吟醸」とセットでいただいた。→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2022/09/post-1914d5.html

ゆめほなみ・本醸造。
2018年8月にも飲んでいるので参考に→http://ya-ta-chan.cocolog-nifty.com/aibo/2018/08/post-bd88.html


精米歩合60%、アルコール分15度。
岩手・大槌産の吟ぎんが100%使用。



こちらも裏ラベルに生産者が紹介されていた。



ほぼ無色透明。
以外にフルーティーな香り。



お味は、しっとりとして酸味の利いたほんのり甘い丸い味わいで、力強さも感じる。
どんな料理とも合いそうな、そんな美味しさです(^q^

| | コメント (0)

より以前の記事一覧